読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽メモ帳

ゲーム攻略や、その他のメモ置き場です。画像関係は申請があれば、即刻削除致します。

360版ハッピーウォーズ バーサーカー関連の調査 ( 詳細 )

 調査の種類が多すぎて、結果に自信が持てません。
 
実践する時は、本当に気を付けてください。

 簡易版の方を、強くお勧めします。360版ハッピーウォーズ バーサーカー関連の調査 ( 簡易 ) - お気楽メモ帳

  

 最終更新日: 2016 / 09 / 11
 バーサーカー関連の調査を、詳細に纏めた記事です。

 下記のwikiを、参考にしています。
 (ハッピーウォーズ wiki) http://wikiwiki.jp/happy-wars/

  


  

360版ハッピーウォーズ、バーサーカーの仕様について(詳細メモ)

記事内の表記について

 文章が分かりにくくなる為、一部の文字を省略したり、別の言葉に置き換えています。

 ファイヤーエンチャント効果 …… F
 サンダーエンチャント効果 …… T
 アイスエンチャント効果 …… I
 ウインドエンチャント効果 …… W

 ふっとばし効果 Lv 3 …… ふ

 ガード中の相手に、ふっとばし効果 が発動した時の状態 …… よろけ

 ダブルトマホークのよろけ効果 …… ひるみ


  

調査場所

 ストーリーモード「砂漠の村の神隠し」未知との遭遇 ( ベリーハード )
 シングルバトル、Ketchup Avenue ( ベリーハード )

 二つのステージで、調べています。


  

レベルアップによる成長

 何も装備していない状態で、計測していきました。

 数値だけを見ると、バーサーカーは LvUP する事で、左手 / 右手 の、攻撃力だけが、上昇します。
 HP / AP は、当然のように上昇します。

 初期値の推移を見てみると、Lv1 は 225。
 Lv2 から 240 (+ 20 ), 260 ,280 ,300。
 最終的に、初期値から + 100 されて、強化が終了します。


  

かちあげ

 かちあげ のふっとばしは、右手にふっとばしパワーアップ を付けた時のみ、強化されます。
 左手だと、強化されません。


  

兵器に反映される、ふっとばし力アップ

 目視でしか確認出来ませんが、反映箇所は 右手 だと思います。
 S.ふっとばし力アップ Lv 3 を装備すると、ポンポン跳ねてくれました。


  

通常攻撃

エンチャント / バフ効果の確率

 母数が同じではないので、確実な結果とは言えません。ご注意ください。

 大部分の調査は、一回の戦闘で終わらせています。
 複数回調べている物でも、一回目と二回目の間で、メニュー画面には、戻っていません。

  

 調査箇所に応じて、左手 / 右手 の、攻撃一回目を、使用しています。

 左手にバフだったら、攻撃一回目で。
 右手にバフだったら、攻撃一回目を空振りした後、攻撃二回目のみを、当てています。

 結果の欄で - と書かれている所は、調査関係のバフを、一つも装備していません。

  

 全ての表の値は、少数第二位 の部分を、切り捨てています。


  

エンチャント効果

  

左手

右手
結果 その他
-

F
-

7 / 10 ( 70.0 % )
-
F

-
7 / 10 ( 70.0 % )

-
-
F

F
4 / 10 ( 40.0 % )

7 / 10 ( 70.0 %
-
-

T
-

6 / 10 ( 60.0 % )
-
T

-
6 / 10 ( 60.0 % )

-
-
-

I
0 / 10 ( 0.0% 特殊な結果
ミスって再テスト不可能
I

-
4 / 10 ( 40.0 % )

-
-

  

バフ効果

  

左手

右手
結果 その他
-

-

5 / 10 ( 50.0 % )
-


-
3 / 10 ( 30.0 % )

-
-


5 / 10 ( 50.0 % )

3 / 10 ( 30.0 % )
-

  

エンチャント + バフ効果

  

左手

右手
結果 その他
-

F + ふ
-

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 10 ( 50.0 % )
-
F + ふ

-
F …… 6 / 10 ( 60.0 % )
ふ …… 1 / 10 ( 10.0 % )
-
F + ふ

F + ふ
F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )
- - -
-

T + ふ
-

T …… 9 / 30 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 30 ( 16.6 % )
-
T + ふ

-
T …… 11 / 30 ( 36.6 % )
ふ …… 10 / 30 ( 33.3 % )

-
-
- - -
F + ふ

T + ふ
F …… 4 / 10 ( 40.04 % )
ふ …… 3 / 10 ( 30.0 % )

T …… 4 / 10 ( 40.0 % )
ふ …… 3 / 10 ( 30.0 % )
-
T+ ふ

F + ふ
T …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 10 ( 50.0 % )
-

  


  

結果から推測

一種類を装備した時の確率

 エンチャント効果は 左手 ( 右手 ) / バフ効果は 右手の方が出やすい という結果になりました。
 どれも似たり寄ったりなので、変わりないと言った方が、正しいかもしれません。

  

エンチャント効果
( バフ効果 )
平均 全種類の平均
エンチャント効果のみ、各種平均 左手
65.0 %

右手
64.0 %

両手
55.0 %
61.6 %
バフ効果のみ、各種平均 左手
50.0 %
右手
30.0 %

両手
40.0 %
40.0 %

  


  

二種類を装備した時の確率

 平均の表だけを見た場合。両者共に、確率が低くなっています。
 この時、二種類を装備した場合、二つの確率は低下します。

  

組み合わせ 平均 全合計の平均 ( 一種類の物との差 )
エンチャント効果 + バフ効果

F + ふ 片手
F + ふ 両手 等

T は両手未計測な為、両手は Fのみ

左手
エンチャント効果 …… 48.3 %
バフ効果 …… 21.6 %

右手
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 33.3 %

両手
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 35.0 %

エンチャント効果 …… 36.1 % ( - 25.5 % )

バフ効果 …… 29.9 % ( - 10.1 % )
エンチャント効果 + バフ効果
左右違いの平均

F + ふ ,T + ふ 等
左手
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 40.0 %

右手
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 45.0 %

両手
通常攻撃だと片方になるので、無し
エンチャント効果 …… 30.0 % ( - 31.6 % )

バフ効果 …… 42.5 % ( + 2.5 % )

  

 内訳を見た場合。( 表は後述 )
 エンチャント効果とバフ効果は、同時に発動しない為、二つの確率が下がっているなら、全体の確率も低下するはずです。

 しかし、全体の確率自体は、変わっていません。
 通常攻撃 一回だけ なので、発生した物の総数を足せば、効果が発生した総数 となります。

 総数を、状態異常が出る確率 ( 最大 80.0 % )と比較した場合、70.0% - 80.0 % になりました。
 最大に近い数値なので、全体の確率は、変動していません。

  

 個別に確率を比較してみると、やたらと下げ幅が広いのは、エンチャント効果の方でした。
 全体の確率は変わらない為、エンチャント効果の確率が低下している、と考えて、間違いないと思います。

  

左手

右手
結果 全体の発動確率

三種類平均と比較
-

F + ふ
-

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 10 ( 50.0 % )
3 + 5 = 80.0 %

F …… - 31.6 %

ふ …… + 10.0 %
F + ふ

-
F …… 6 / 10 ( 60.0 % )
ふ …… 1 / 10 ( 10.0 % )
-
6 + 1 = 70.0 %

F …… -1.6 %
ふ …… - 30.0 %
F + ふ

F + ふ
F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )
左手 ( 3 + 4 = 70.0 % )

F …… - 31.6 %
ふ …… ± 0.0 %

右手 ( 3 + 4 = 70.0 % )

F …… - 31.6 %
ふ …… ± 0.0 %
-

T + ふ
-

T …… 9 / 30 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 30 ( 16.6 % )
9 + 5 = 14 ( 46.6 % )

T …… - 31.6 %
ふ …… - 23.4 %
T + ふ

-
T …… 11/ 30 ( 36.6 % )
ふ …… 10 / 30 ( 33.3 % )

-
11 + 10 = 21 ( 70.0 % )

T …… - 30.0 %
ふ …… - 6.7 %
- - -
F + ふ <br.
T + ふ
F …… 4 / 10 ( 40.0 % )
ふ …… 3 / 10 ( 30.0 % )

T …… 4 / 10 ( 40.0 % )
ふ …… 3 / 10 ( 30.0 % )
左手 ( 4 + 3 = 70.0 % )

F …… - 21.6 %
ふ …… - 10.0 %

右手 ( 4 + 3 = 70.0 % )

T …… - 21.6 %
ふ …… - 10.0 %
T + ふ

F + ふ
T …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 10 ( 50.0 % )
左手 ( 3 + 4 = 70.0 % )

T …… - 31.6 %
ふ …… ± 0.0 %

右手 ( 3 + 5 = 80.0 % )

F …… - 31.6 %
ふ …… + 10.0 %

  

全ての結果を、平均値でまとめた物

 手を加えすぎて、自分でも混乱している為、参考程度に見てください( ; ´`)

  

エンチャント効果
( バフ効果 )
平均 その他
F 左手
F …… 55.5 %

右手
F …… 70.0 %

両手
F …… 70.0 %
三つの平均
65.1 %
T 左手
T …… 60.0 %

右手
T …… 60.0 %
三つの平均
60.0 %

物がないため、両手は不可能
左手
ふ …… 50.0 %

右手
ふ …… 50.0 %

両手 ( 左手で計測 )
…… ふ 40.0 %
三つの平均
40.0 %
- - -
F + ふ 左手
F …… 60.0 %
ふ …… 10.0 %

右手
F …… 30.0 %
ふ …… 50.0 %

両手
F …… 30.0 %
ふ …… 35.0 %
三つの平均

F …… 40.0 %
ふ …… 31.6 %
T + ふ 左手
T …… 36.6 %
ふ …… 33.3 %

右手
T …… 30.0 %
ふ …… 16.6 %

二つの平均

T …… 33.3 %
ふ …… 24.9 %

試行 30 回
- - -
左手 …… F + ふ

右手…… T + ふ
左手
F …… 30.0 %
ふ …… 40.0 %

右手
T …… 30.0 %
ふ …… 40.0 %
二つの平均
F ……30.0 %
T …… 30.0 %

ふ …… 40.0 %
左手 …… T + ふ

左手 …… F + ふ
左手
T …… 30.0 %
ふ …… 40.0 %

右手
F …… 30.0 %
ふ …… 50.0 %
二つの平均

F …… 30.0 %
ふ …… 45.0 %
- - -
エンチャント効果のみ
各種平均
左手
65.0 %

右手
65.0 %

両手
55.0 %
三つの平均
61.6 %
バフ効果のみ
各種平均
左手
50.0 %

右手
30.0 %

両手
40.0 %
三つの平均
40.0 %
エンチャント効果 + バフ効果
二つ装備した時の平均

F + ふ / F + ふ 等
左手
エンチャント効果 …… 48.3 %
バフ効果 …… 21.6 %

右手
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 33.3 %

両手
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 35.0 %
三つの平均

エンチャント効果 …… 36.1 %
バフ効果 …… 29.9 %

T は両手未計測な為
両手は Fのみ
エンチャント効果 + バフ効果

左右違いの平均

F + ふ / T + ふ 等
左手
エンチャント効果 …… 35.0 %

バフ効果 …… 35.0 %

右手
エンチャント効果 …… 35.0 %
バフ効果 …… 40.0 %

両手
エンチャント効果 …… 35.0 %
バフ効果 …… 37.5 %
二つの平均
エンチャント効果 …… 30.0 %
バフ効果 …… 42.5 %
- - -
状態異常が出る、確率の範囲 0.0 % - 80.0 %

最高記録は、F + ふ
F …… 30.0 %

ふ …… 50.0%

  

( 重要 ) 通常攻撃の優先順位

 色々な記録出しておいてアレですが、バーサーカーの通常攻撃は、左手 ( 一回目 ) から始まります。
 また、バーサーカーの、通常攻撃一回目 は、他のクラスと比較すると、出が早くなっています。

 仕様を考えると、確率を無視して、アイスエンチャント / びびりや気絶効果 等といった、行動を制限する代物を、左手に装備した方が、圧倒的にお得だと思います。


  

状態キラー系バフの判定基準

 説明文の通りです。受ける側が、指定された状態異常になっていないと、効果が発揮されません。
 例えば、アイスエンチャント + 雪だるまキラー で、スーパーエンチャントアタックを行った場合。
 受ける側のダメージは、雪だるまキラー 無し の物となります。

 状態キラー系のバフは、目視で確認できる程、変化の度合いが激しい物です。
 分かりやすい為、結果の詳細は、作成しませんでした。

  

 今回調査した目的は、バーサーカーの通常攻撃の為です。

 バーサーカーの通常攻撃は、左手 ( 1 回目 )、右手 ( 2 回目 )、左手 ( 3 回目 )…… な為、左手 ( 3 回目 ) で、キラー系の効果が加えられます。
 しかし、普通に攻撃しているだけだと、左手 ( 効果発動 ) 、右手 ( 効果解除 ) になって、次の左手 ( 3 回目 )には、状態キラー系が、発動されません。

 この意地悪な仕様が、ダブルトマホーク辺りにも絡んできて、それはもう……。


  

バフで強化されるのは、装備した箇所のみ

 見た目で分かりやすい、対物攻撃力アップのみで、調べています。
 バフ一つだけで調べていますが、wiki にも同じ事書いてある為、装備した場所のみに反映される、という事で、大丈夫だと思います。

 自城のバリスタを、通常攻撃で、破壊してきました。
 両手と記載されている所は、通常攻撃、最後の部分。両手での攻撃を表しています。

  

左手

右手
破壊までの回数
-

-
左手
7 回

右手
7 回

両手
5 - 6 回
3

-
左手
6 回

右手
7 回
-

3
左手
7 回

右手
6 回
3
3
左手
6 回

右手
6 回

  

 結果が動いたのは、武器無し / 両手 の記録でした。
 他の記録は安定している為、両手攻撃、片側だけの部分が、当たってしまった物だと思います。

 通常攻撃の最後、両手部分でのダメージは、見た目通り 左手 / 右手 で、分けて考えられている、と思われます。

 Botからエンチャントをもらっても、回数は変化しませんでした。
 エンチャントによる強化効果は、対物 ( バリスタ ) に発動しないと思われます。


  

高速攻撃の扱いについて

 左手/ 右手、どちらにつけても、効果を発揮してくれます。  しかし、通常攻撃、一回目の判定は、早くならないみたいです。

 初撃の判定を強化してー、なんて事は、無理だと思いました。


  

高速・ふっとばしの扱いについて

 左手 / 右手、どちらにつけても、効果を発揮してくれます。

 両手に装備した所、僅かに早くなったような、ならないような……。
 劇的に変化しない為、他の武器を装備した方が、安定の向上につながると思います。


  

スーパーエンチャントアタック

ダメージ判定の部位

 バーサーカーのスーパーエンチャントアタックは、右手の装備バフ + エンチャント効果 + 武器の攻撃力 で、判定されます。

 右手のエンチャントが無い場合、左手のエンチャントを使用しますが、左側の武器の攻撃力は、使用されません。
 あくまでも、右手のバフと攻撃力のみ で、判定されます。

 エンチャント効果によるダメージ増加も、右手側のみが使用されます。
 片手に一つずつ、合計 2 個の、ファイヤーエンチャント等を入れても、スーパーエンチャントアタックの火力は、上昇しません。

  

 スーパーエンチャントアタックの内、ファイヤー / サンダー ウインドの物は、火力が著しく向上します。
 しかし、アイスエンチャント の物は、火力の上昇が乏しい、もしくは、火力の上昇が見られません。
 さすがに、ちょっとは増量している、と思いますが……。

  

 左手 / 右手で、状況を変えながら、自城のバリスタを破壊していきました。
 途中、右手だけ使用される事に気が付いた為、後半からは、左手の武器だけを、変更しています。

 左手の攻撃力 + エンチャント効果のダメージ増加 が絡むなら、破壊回数やら、見た目が変化するはずです。
 全て行った所、特に変化は無いと思うので、やはり右側だけが使用される物だと、推測されます。

  

左手

攻撃力 / エンチャント種類
右手

攻撃力 / エンチャント種類
バリスタ破壊までの回数
157 / F - / - 4
- / - 157 / F 4
157 + F 471 ( + 400 ) / - 4
471 ( + 400 ) 157 / F 3
471 ( + 400 ) / F 157 / F 3

右側が反映されていると、確定づける
408 ( + 200 ) / W 471 ( + 400 ) / - 3
470 / T 471 ( + 400 ) / - 3
696 ( + 120 ) / I 471 ( + 400 ) / - 4
- - -
696 ( + 120 ) / I 471 ( + 400 ) / I

二つの攻撃力差は、バフ込み ± 55
キャノンとバリスタで比較

キャノン …… 10
バリスタ …… 4
471 ( + 400 ) / I 696 ( + 120 ) / I

二つの攻撃力差は、バフ込み ± 55
キャノンとバリスタで比較

キャノン …… 8
バリスタ …… 3

右手に高攻撃力で、回数低下

持ち手に左右されない為、ダメージ増加は微量か、無しだと推定

  

 違う武器を使って、バフ効果を調べます。
 差が出にくい為、自城近くのキャノンを使用しました。

 違いを見たい為、左手 / 右手の武器を、大幅に変更しています。
 バフ効果や、攻撃力の違いを考えると、二つの結果が等しくなるのは、一方のみを使っているとしか、考えられません。

 実は二つの平均値……とかだったら、もうお手上げです。( ; 一一)

  

左手攻撃力 / エンチャント種類
対物攻撃力アップの Lv
右手 攻撃力 / エンチャント種類
対物攻撃力アップの Lv
キャノン破壊までの回数
319 / F

対物 32
629 / -

対物 321
6
96 / F

対物 1
692 / -

対物 321
6

  

状態キラー系の効果は、初回の攻撃で使用されない

 キラー系バフの判定基準 にも書いていますが、スーパーエンチャントで、状態キラー系の状態異常にした場合。状態キラー系の効果は、得られません。
 強化されない条件は、受ける側が 状態異常無し → スーパーエンチャントアタック → 状態キラー系の状態異常 の時です。

 結果を残すのを忘れましたが、状態異常になっていれば、スーパーエンチャントアタックで、状態キラー系は発動す……るはずです。

  

 白バフのキラー系をつけて、スーパーエンチャントアタックをしても、ダメージは変わりませんでした。
 もう気力が無いので、気になる方は、自分で調べてみてください (;´Д`)


  

ダッシュ突き

 戦士と比べた場合、横幅が広く設定されています。
 また、ダッシュ突きの中心付近だと 左手 / 右手 による、2 回攻撃になってくれます。

 特に実感出来るのは、横幅部分だと思います。
 とにかく引っかけやすいです。


  

スキル + は、二つ装備しても効果がある

 wikiの表記と、異なる部分です。

 左手に 突撃 + / 右手にふっとばし + を装備すると、試合開始直後から、二つのスキルが表示されます。
 面白い事できそうですが、なんとも言えないところ。


  

共通スキル

 スキルの種類によって、左手のバフ / 右手のバフ のみが、使用されます。
 チャージアタックで判明した為、後の物は、バフ込みで調査していません。

 背後攻撃 / スレイヤー等は、分かりません。両手に装備して、威力が上がる、かもしれません。


  

投石

 対物攻撃力アップ のバフを使って、自城のバリスタを破壊するまでの、回数を計測しました。

 左手 / 両手の時だけ、回数が減少しています。
 投石に関しては、左手が反映されると見て、間違いないと思います。

  

左手 / 右手 一回目 / 二回目
- / - 9 / 9
3 / - 7 / 7
- / 3 9 / 9
3 / 3 7 / 7

  

突撃

 右手側が反映されます。
 ちょっとミスって、突撃 + の攻撃力を、記録し忘れました……。

  

左手 攻撃力

バフ
右手 攻撃力

バフ
結果
849

突撃 +
-

-
バリスタ …… 3 回
-

-
849

突撃
バリスタ …… 2 回

  

 突撃と人間ミサイルは、何度敵に当てても、同じ結果になりました。
 同じ結果になるのなら、常に右手側しか使われていない、という事になります。


  

人間ミサイル

 右手側が反映されます。
 突撃と同じく、何度敵に当てても、同じ結果になりました。

  

左手 攻撃力 右手 攻撃力 結果
882 (+ 400 ) - バリスタ …… 1 回
キャノン …… 3 回
- 882 ( + 400 ) バリスタ …… 1 回
キャノン …… 2 回

  

チャージアタック

 チャージ 3 ( ため 3 ) を使って、キャノンを破壊するまでの、回数を数えていきました。
 対象マップは Ketchup Avenue 。城から出て、左側のキャノンを使っています。

 右手 / 両手の時のみ、回数が減少しています。
 見た目も回数も、殆ど一致していました。

  

左手 バフ 右手 バフ 一回目 / 二回目
チャージアタック + - 4 / 4
- チャージアタック + 4 / 4
対物攻撃力 Lv 3 チャージアタック + 4 / 4
- - -
チャージアタック + 対物攻撃力 Lv 3 - 3 / 3
- チャージアタック + / 対物攻撃力 Lv 3 4 / 4

  

スキル「ふっとばし」

 ふっとばしは、右手側が反映される結果となりました。
 常に結果が一定なので、右手の物しか使われていない、のかもしれません。

 右手の物しか使われていないなら、左手にふっとばし力アップを入れても、無駄という事になります。

  

 装備武器に ふっとばし + を取り付けて、バリスタを破壊していきました。
 こちらの表も、一部の攻撃力の、記録を忘れています……。

  

左手 攻撃力
バフ
右手 攻撃力
バフ
結果
573
ふっとばし +
-
-
バリスタ …… 4 回
- 573
ふっとばし +
バリスタ …… 3 回

  

バーサーカー専用スキル

ダブル竜巻斬り

 ダッシュ突きと衝突した場合、自分には、敵のダッシュ突きのダメージ。
 相手には、自分のダブル竜巻斬りのダメージ + ダブル竜巻斬りの、よろけ効果が発動します。

 見た目では大丈夫そうですが、ダメージを食らう以上、完全な対抗策になりません。
 ダッシュ突きを迎撃したけど、ダッシュ突きのダメージで死んだとかいう、理不尽極まりない状況を、何度も経験しています。( ; ´ _ `)


  

ダブルトマホーク

ダブルトマホークの調査について

 ダブルトマホークの判定は、行き ( 1 回目 ) + 戻り ( 2 回目 ) なので、合計 2 回 の判定となります。
 往復 ( 行き + 戻り 合計 2 回 ) の結果表は、ダブルトマホークで出せる、最大の発生確率だと思ってください。

 命中した武器が、一本 / 二本 でも、結果が変わってきます。
 調査の表と考察は、本数を区分していないですが、片方 / 両方 込みだと考えてください。

 早めに気が付いていれば、手を打てたかも……。

  

 全クラス共通の仕様ですが、ふっとばし効果で吹っ飛んだ相手は、着地前に攻撃を食らうと、100% の確率で、もう一度吹っ飛びます。
 ダブルトマホークの特性上、行き …… ふっとばし効果 / 戻り …… 追撃による吹っ飛び なんて事も、起こっていると思います。

 さすがに分けて考えられない為、ふっとばし効果 Lv 3 の回数は、吹っ飛んだ回数 ( 見た目 )のみを、記録しています。

  

 エンチャントサンダー効果 は、効果が発動しても、分かりやすい動きをしてくれません。
 二回目の発生が分からない為、全て一回 で、統一しています。

 エンチャントウインド効果 は、当てても効果がないようなので、行っていません。
 ダメージが上昇しているかもしれませんが、正確な調べ方が、思いつきませんでした。


  

行き のみ ( 1 回目 )エンチャント / バフ効果の発生確率

エンチャント効果

 アイスエンチャントが無いのは、ミスって動かせなくなったからです……。

  

左手

右手
結果 その他
F

-
F …… 6 / 10 ( 60.0 % )

-
-
-

F
-

F …… 5 / 10 ( 50.0 % )
-

  

バフ効果

  

左手

右手
結果 その他


-
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )

-
-
-

-

ふ …… 2 / 10 ( 20.0 % )
0.0 % 記録あり


ふ…… 3 / 10 ( 30.0 % ) -

  

エンチャント効果 + エンチャント効果

  

左手

右手
結果 その他
F

I
F …… 6 / 10 ( 60.0 % )

I …… 3 / 10 ( 30.0 % )
見た目が非常に分かりにくい
I

F
I …… 2 / 10 ( 20.0 % )

F …… 4 / 10 ( 40.0 % )
-
F

F
F …… 21 / 30 ( 70.0 % ) -

  

エンチャント効果 + バフ効果

  

左手

右手
結果 その他
F + ふ

-
F …… 10 / 30 ( 33.3 % )
ふ …… 8 / 30 ( 26.6 % )

-
F 60 % / ふ 10 % 記録あり
-

F + ふ
-

F …… 3 / 10 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 10 ( 50.0 % )
F 60 % / ふ 30 % 記録あり
T + ふ

-
T …… 11 / 30 ( 36.6 % )
ふ …… 10 / 30 ( 33.3 % )

-
-
-

T + ふ
-

T …… 9 / 30 ( 30.0 % )
ふ …… 5 / 30 ( 16.6 % )
T + ふ の二刀流は未実行
- - -
F + ふ

T + ふ
F …… 4 / 10 ( 40.0 % )
T …… 5 / 10 ( 50.0 % )

ふ …… 3 / 10 ( 30.0 % )
-
T + ふ

F + ふ
T …… 2 / 10 ( 20.0 % )
F …… 3 / 10 ( 30.0 % )

ふ …… 6 / 10 ( 60.0 % )
-
F + ふ

F + ふ
F …… 6 / 10 ( 60.0 % )
ふ …… 5 / 10 ( 50.0 % )
-
- - -
F + ふ

-
一回当ての場合、片方しか出ない。

一度に二つは発生しない。
-
F + S.気絶効果

T + ふ
全種類 + よろけ の発生を確認。

一度に二つは発生しない。
-

  

往復 ( 行き / 戻り 合計 2 回 ) エンチャント / バフ効果の発生確率

  

エンチャント効果

  

左手

右手
結果 その他
F

-
F …… 13 / 10 ( 130.0 % )

-
行き / 戻り で、個別に発動を確認
-

F
-

F …… 12 / 10 ( 120.0 % )
-
I

-
I …… 6 / 10 ( 60.0 % )

-
-
-

I
-

I …… 6 / 10 ( 60.0 % )
-
T

-
T …… 9 / 10 ( 90.0 % )

-
-
-

T
-

T …… 6 / 10 ( 60.0 % )
-

  

バフ効果

  

左手

右手
結果 その他


-
ふ …… 4 / 10 ( 40.0 % )

-
-
-

-

ふ …… 1 / 10 ( 10.0 % )
-
- - -


ふ …… 8 / 10 ( 80.0 % )

-
-

  

エンチャント 効果 + エンチャント効果

  

左手

右手
結果 その他
F

I
F …… 12 / 10 ( 120.0 % )

I ……5 / 10 ( 50.0 % )
見た目が非常に分かりにくい
I

F
I …… 1 / 10 ( 10.0 % )

F …… 16 / 10 ( 160.0 % )
-
F

F
F …… 16 / 10 ( 160.0 % )

-

  

エンチャント + バフ効果

  

左手

右手
結果 その他
F + ふ

-
F …… 14 / 30 ( 46.6 % )
ふ …… 20 / 30 ( 66.6 % )

-
-
-

F + ふ
-

F …… 15 / 30 ( 50.0 % )
ふ …… 19 / 30 ( 63.3 % )
-
T + ふ

-
T …… 14 / 30 ( 46.6 % )
ふ …… 15 / 30( 50.0 % )

-
-
-

T + ふ
-

T …… 13 / 30 ( 43.3 % )
ふ …… 20 / 30 ( 66.6 % )
-
- - -
T + ふ

F
T …… 11 / 30 ( 36.6 % )
ふ …… 18 / 360 ( 60.0 % )

F …… 26 / 30 ( 86.6 % )
-
F

T + ふ
F …… 12 / 10 ( 120.0 % )

T …… 6 / 10 ( 60.0 % )
ふ …… 7 / 10 ( 70.0 % )
-
- - -
T + ふ

F + ふ
T …… 9 / 10 ( 90.0 % )
F …… 4 / 10 ( 40.0 % )

ふ …… 9 / 10 ( 90.0 % )
-
F + ふ

T + ふ
F …… 9 / 10 ( 90.0 % )
T …… 2 / 10 ( 20.0 % )

ふ …… 8 / 10 ( 80.0 % )
-
F + ふ

F + ふ
F …… 15 / 30 ( 50.0 % )
ふ …… 25 / 30 ( 83.3 % )
ふ …… 90.0 % の記録あり

  

エンチャント / バフ効果の組み合わせ

  

一種類のみを装備した時の確率

 行き ( 1 回 ) の表と、通常攻撃の平均表を見て、比較していきます。
 左手 / 右手 で判定されているため、同種類の物を装備すると、確率が増大するはず……ですが、何故かバフ効果だけ、全てマイナスになっています。

 ……計測ミスかな?

  

エンチャント効果

( バフ効果 )
通常攻撃の平均 行き ( 1 回 ) の平均

( 通常攻撃の平均と比較 )
エンチャント効果のみ 左手
65.0 %

右手
65.0 %

両手 55.0 %
左手
60.0 % ( - 5.0 % )

右手
50.0 % ( -15.0 % )

両手
70.0 % ( + 15.0 % )
バフ効果のみ 左手
50.0 %

右手
30.0 %

両手
40.0 %
左手
40.0 % ( - 10.0 % )

右手
20.0 % ( - 10.0 % )

両手
30.0 % ( - 10.0 % )

  

 比較の対象は 行き ( 1 回 )のみなので、下記の戻り ( 2回 ) 表だと、確率は増大します。
 何故かバフ効果だけ、ちょっと低くなっちゃいましたが……。

 運が悪かったんでしょうか。

  

対象 通常攻撃の平均 戻り ( 2 回 ) の平均

( 通常攻撃の平均と比較 )
エンチャント効果のみ 左手
65.0 %

右手
65.0 %

両手
55.0 %
右手
93.3 % ( + 28.3 % )

左手
80.0 % ( + 15.0 % )

両手
160.0 % ( + 105.0 % )

バフ効果のみ 左手
50.0 %

右手
30.0 %

両手
40.0 %
左手 40.0 % ( + 10.0 % )

右手
10.0 % ( - 20.0 % )

両手
80.0 % ( + 40.0 % )

  

二種類のみを装備した時の確率

 F しか調査していませんが、二種類装備しても、元の確率は変わらない。( 低くならない ) と思います。
 あくまでも推測です。物の回数も種類も少ない為、正確とは言えません。

 確率が低下していない理由は、バフ効果を入れていない為だと思われます。
 左手 / 右手 で、確率が取られていない為、本来の確率になっている、と、考えられます。

 マイナスの部分もありますが、差はないと信じたいです。 ( ; 一一)

  

左手

右手
行き ( 1 回目 )

往復 ( 2 回目 )
通常攻撃の平均 ( 左との差 )
通常攻撃の I は、データ無し
F

I
F ( 左手 )

行き ( 1 回目 )
6 / 10 ( 60.0 % )
往復 ( 2 回目 )
12 / 10 ( 120.0 % )

I ( 右手 )

行き ( 1 回目 )
3 / 10 ( 30.0 % )
往復 ( 2 回目 )
5 / 10 ( 50.0 % )
F ( 左手 )

行き ( 1 回目 )
55.5 % ( + 4.5 % )
往復 ( 2 回目 )
55.5 % ( + 64.5 % )

I ( 右手 )

行き ( 1 回目 )
-
往復 ( 2 回目 )
-
I

F
I ( 左手 )

行き ( 1 回目 )
2 / 10 ( 20.0 % )
往復 ( 2 回目 )
1 / 10 ( 10.0 % )

F ( 右手 )

行き ( 1 回目 )
4 / 10 ( 40.0 % )
往復 ( 2 回目 )
16 / 10 ( 160.0 % ) I ( 左手 )
I ( 左手 )

行き ( 1 回目 )
-
往復 ( 2 回目 )
-

F ( 右手 )

行き ( 1 回目 )
70.0 % ( - 30.0 % )
往復 ( 2 回目 )
70.0 % ( + 90.0 % )

  

三種類のみを装備した時の確率

 ダブルトマホークは、左手 / 右手の同時判定なので、表で見る部分は、両手の欄のみです。
 なんとなく、左右も出しちゃいました。

 当然といえば当然ですが、同じ物を二つ装備した場合、発生判定が2回になる為、該当の確率は上昇します。

  

組み合わせ方

一例
通常攻撃の平均 ダブルトマホーク ( 行き ) と比較
同じ物を装備

F + ふ 片手
F + ふ 両手 等

T は両手未計測な為、両手は Fのみ
左手

エンチャント効果
48.3 %
バフ効果
21.6 %

右手

エンチャント効果
30.0 %
バフ効果
33.3 %

両手

エンチャント効果
30.0 %
バフ効果
35.0 %
左手

エンチャント効果
34.9 % ( -13.4 % )
バフ効果
29.9 % ( + 8.3 % )

右手

エンチャント効果
30.0 % ( ± 0.0 % )
バフ効果
33.3% ( ± 0.0 % )

両手

エンチャント効果
60.0 % ( + 30.0 % )
バフ効果
50.0 % ( + 15.0 % )
異なる物を装備

F + ふ ,T + ふ 等
左手

エンチャント効果
35.0 %
バフ効果
35.0 %

右手

エンチャント効果
35.0 %
バフ効果
40.0 %

両手

エンチャント効果
35.0 %
バフ効果
37.5 %
左手

エンチャント効果
30.0 % ( - 5.0 % )
バフ効果
45.0 % ( + 10.0 % )

右手

エンチャント効果
35.0 % ( ± 0.0 % )
バフ効果
45.0 % ( + 5.0 % )

両手

エンチャント効果
35.0 % ( ± 0.0 % )
バフ効果
45.0 % ( - 7.5 % )

  

 確率が上昇した所は、同じ物 / 異なる物 の結果でも、ダブルトマホーク ( 行き ) の方が、高くなっています。
 マイナスになってしまった所もありますが、こちらも内訳を見てみると、状態異常の発生確率自体は、大幅に上昇しています。

 通常攻撃よりも高い為、ダブルトマホークの攻撃は、エンチャント / バフ効果の確率を向上させる。という事になりそうです。
 また、ダブルトマホークでも、エンチャント効果 のマイナス部分が多い為、バフ効果が優先される物だと、考えられます。

 ……ダブルトマホークの内訳に関しては、面倒なので、通常攻撃の欄を、参考にしてください(;´Д`)

  

 比較の対象は 行き (1 回目 ) の場合です。
 頑張って、戻り ( 2 回目 )を当てた場合、発生確率は、更に上昇します。

  

組み合わせ方

一例
通常攻撃の平均 ダブルトマホーク ( 往復 ) と比較
同じ物を装備

F + ふ 片手
F + ふ 両手 等

T は両手未計測な為、両手は Fのみ
左手

エンチャント効果
48.3 %
バフ効果
21.6 %

右手

エンチャント効果
30.0 %
バフ効果
33.3 %

両手

エンチャント効果
30.0 %
バフ効果
35.0 %
左手

エンチャント効果
46.6 % ( - 1.7 % )
バフ効果
58.3 % ( + 36.7 )

右手

エンチャント効果
46.5 % ( + 16.5 % )
バフ効果
64.9 % ( + 31.6 % )

両手

エンチャント効果
50.0 % ( - 20.0 % )
バフ効果
83.3 % ( + 48.3 % )
異なるものを装備

F + ふ ,T + ふ 等
左手

エンチャント効果
35.0 %
バフ効果
35.0 %

右手

エンチャント効果
35.0 %
バフ効果
40.0 %

両手

エンチャント効果
35.0 %
バフ効果
37.5 %
左手

エンチャント効果
90.0 % ( + 55.0 % )
バフ効果
85.0 % ( + 50.0 % )

右手

エンチャント効果
30.0 % ( + 5.0 % )
バフ効果
85.0 % ( + 45.0 % )

両手

エンチャント効果
60.0 % ( + 25.0 % )
バフ効果
85.0 % ( + 47.5 % )

  

装備出来る バフ との組み合わせ

 完全に目視頼りなので、詳細は不明です。
 ダブルトマホークの 行き ( 1 回目 )が両方ヒット、 戻り ( 2 回目 ) で片方ヒット、なんて事もある為、判定が難しいです。
 多分ですが、二つ以上つけた場合、判定が二つ以上になっている、と思います。

  

 表を分かりやすくする為、敵の名前と体力に対して、数字を割り当てました。

 「 0 % 」-- A ( - 4 ) / L ( - 3 ) I ( - 2 ) E ( - 1 ) N ( 0 ) --「 100 % 」 

 二つの数字の 「 , 」 は、両者の間を示しています。

 ( - 1 ) , ( 0 ) の中央 なら、( - 1 ) , ( 0 ) の、中間地点です。

 % に換算した場合。

 「 0 % 」 -- / A ( 12.5 % ) / L ( 25.0 % ) / I ( 37.5 % ) / F ( 50.0 % ) / N ( 75.0 % % ) / -- 「 100 % 」 に、置き換えられます。


  

片手 状態キラー ( エンチャント A ) / 片手 状態キラー ( エンチャント B )

 しびれ状態キラー / 雪だるま状態キラー、で調べた所、二つとも、効果が出てくれました。

 一本の武器に対して、複数の物を組み合わせた場合は、完全に不明です。
 勝手な想像ですが、バフの重複を考えると、本来の物よりも、威力は落ちると思います。

  

 僧侶タイプの A L I E N に、ダブルトマホーク ( 往復 ) を当てて、体力ゲージが減る箇所を、調べていきました。
 行き ( 1 回目 ) で雪だるま。 戻り ( 2 回目 ) で、雪だるまに当てるようにします。

 個人的に、超重要な部分な為、細かく書いていきました。

 「 0 % 」-- A ( - 4 ) / L ( - 3 ) I ( - 2 ) E ( - 1 ) N ( 0 ) --「 100 % 」

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
395 / I

-
470 / T

-
( - 2 ) , ( - 1 ) 中央
( - 1 ) 寄り あり

全ての基準値
- - -
395 / I

しびれ状態キラー
470 / T

-
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央
( - 2 ) 寄りあり
470 / T

-
395 / I

しびれ状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央
( - 2 ) 寄りあり

どちらの手でも、ダメージ増加
- - -
395 / I

しびれ状態キラー
470 / T

雪だるま状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央
( - 3 ) 寄りあり

更にダメージ増加
470 / T

雪だるま状態キラー
395 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央
( - 3 ) 寄りあり

更にダメージ増加

等間隔? で増加している様子。
倍率が同じ?

  

片手 S.状態キラー ( エンチャント A ) / 片手 状態キラー ( エンチャント A )

 無理やり行ってます。

 二種類装備した時と、似たような結果になりました。
 同じバフを重ねた事によって、威力が落ちていると思われます。

 武器の攻撃力は異なりますが、S.状態キラーの倍率を考えると、落ちてるんじゃないかなーと……。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
675 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー ( - 4 ) , ( - 3 ) 中央
( - 4 ) 左寄り あり

- - -
675 / T

雪だるま状態キラー
807 / I

S.雪だるま状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央
( - 3 ) , ( - 2 )中央 あり

  

S.状態キラー ( エンチャント A ) / 状態キラー ( エンチャント B )

 判断しづらい物になりました。

 結果からわかるのは、最大ダメージの増加 + ダメージ幅の拡大、だと思います。
 本当に区別がつきにくい為、正直何とも言えません。

 勝手な推測を立てるとしたら、ダメージ倍率の違いによって、結果が不安定になっている物だと、考えられます。
 片方のS.状態キラーだけがヒット、行き ( 1 回目 ) は両方ヒット、等々。

 推測の内容が正しい物だとしたら、S.状態キラー ( エンチャント A ) + S. 状態キラー ( エンチャント B ) の組み合わせで、最大ダメージが出ると思われます。

  

 ちょっと失敗した為、他の武器を使用してます。
 調査中で、攻撃差が ±4 発生していますが、微妙な値なので、結果に変わりはない……と、思いました。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
730 / -

ダッシュ突きパワーアップ
807 / I

S.雪だるま状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央あり
807 / I

S.雪だるま状態キラー
730 / -

ダッシュ突きパワーアップ
( - 4 ) , ( - 3 )中央
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央あり
730 / -

ダッシュ突きパワーアップ
しびれ状態キラー
807 / I

S.雪だるま状態キラー
( - 3 ) 中央
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央あり
807 / I

S.雪だるま状態キラー
730 / -

ダッシュ突きパワーアップ
しびれ状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央
( - 2 ) , ( - 1 ) 中央あり
- - -
734 / T

しびれ状態キラー
807 / I

S.雪だるま状態キラー
(- 4 ) 左より
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央あり
( - 3 ) ,( - 2 ) 中央あり

結果が極めて不安定

( - 4 ) 左寄りは、非常に稀
807 / I

S.雪だるま状態キラー
734 / T

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 右より
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央

結果が不安定

  

背後攻撃アップ のみ

 背後攻撃アップのバフは、両手に装備した時の差が、非常に分かり辛い物となりました。

 左手 / 右手で強化された為、両手でも、強化されると思います。
 武器の攻撃力が、200 程度しかなかった為、差が出にくかったのかもしれません。

 単純に、バフを重ねすぎて、強化の度合いが下がっているのかも。

  

 僧侶だと分かりにくかった為、魔法使いタイプの A L I E N に、ダブルトマホーク ( 往復 ) を当てていきました。

  

左手

右手
結果
-

-
( - 1 ) , ( 0 ) 中央

( - 1 ) 中央あり
21

-
( - 2 ) 中央

( - 1 ) 中央あり
-

21
( - 2 ) , ( - 1 ) 中央

( - 2 ) 寄りあり
21

21
( - 3 ) , ( - 2 ) 、 ( - 2 ) 寄り

( - 2 ) , ( - 1 ) 中央 あり

二つの武器、攻撃力の差は ± 2

  

状態キラー ( エンチャント A )+ 背後攻撃アップ

 状態キラーに、背後攻撃アップを加えた場合、全体のダメージは変動無し、または、低下します。
 ダメージ変動は、左手 / 右手、どちらに装備しても、同じ現象が発生します。

 考えられるのは、単純な計測ミス / 背後攻撃アップのバフは、状態キラーの枠に含まれる の、二つです。
 目視による増減が少ない為、一番よく分からない部分です。(;´Д`)

  

 僧侶タイプの A L I E N に、ダブルトマホーク ( 往復 )を、当てていきました。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
395 / I

しびれ状態キラー
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央
( - 3 ) 寄りあり

キラー二つの最高ダメージ
- --
395 / I

しびれ状態キラー
背後攻撃アップ Lv 2
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
( - 4 ) ,( - 3 ) 中央

( - 3 ) 中央
( - 3 ) , ( - 2 ) の時が多い
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
395 / I

しびれ状態キラー
背後攻撃アップ Lv 2
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央

( - 4 ), ( - 3 ) の ( - 3 ) 寄りあり

  

状態キラー ( エンチャント A ) + その他のバフ

 全て網羅した訳ではありませんが、ダメージの変動は、見つかりませんでした。

  

 僧侶タイプの A L I E N に、片っ端からぶん投げていきました。
 ダメージの変動は、左手 / 右手に関わらず発生する、という事が分かった為、片方側のみを変更しています。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
675 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 4 ) 左寄り あり

キラー二つの最高ダメージ
- - -
675 / T

雪だるま状態キラー
APダメージ攻撃 Lv 2
906 / I

しびれ状態キラー
( -4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 4 ) 左寄り あり

変動無し
675 / T

雪だるま状態キラー
ふっとばし力アップ Lv 2
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 4 ) 左寄り あり

変動無し
675 / T

雪だるま状態キラー
竜巻斬 +
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

スキル + 全部だとしたら、変動無し
675 / T

雪だるま状態キラー
建築スピードアップ Lv 2
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

変動無し
675 / T

雪だるま状態キラー
対物攻撃力アップ Lv 2
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

変動無し

  

よろけ効果

 ダブルトマホークを受けた敵は、ウインドブラストを食らった時のように、よろけるモーションを取りながら、近場へと移動します。

 よろけ効果は、エンチャント / バフ効果 無しの状態だと、100% 発生します。
 しかし、よろけ効果は、エンチャント / バフ効果 によって、上書きされる性質を持っています。

 例えば、アイスエンチャント効果 / 気絶効果 のみを持っていた場合。
 スキルが命中し終わった後、最後に残る効果は アイスエンチャント効果 / 気絶効果 / よろけ効果 の、三種類となります。

  

 結果の項目にも書いていますが、よろけ効果によって、エンチャント / バフ効果の確率は、低下しません。


  

その他のバフ

ふっとばし効果

 行き ( 1 回目 ) の攻撃で発動すると、敵がどこかに飛んでいく為、戻り ( 2 回目 ) が命中しません。
 通常攻撃でも、勝手にボンボカ打ちあがっていく為、まともに攻撃出来なくなります。"(;-""-)"

 一応ですが、工夫すれば使えます。


  

対物攻撃力アップ

 対物攻撃力アップ に関しては、左手 + 右手 の結果になりました。
 片手の結果よりも、両手の結果の方が、良くなっています。

 シングルモード、開始時に設定されている、自城のバリスタに投げていきます。

  

左手

右手
結果
-

-
行き ( 1 回目 )
9 回

戻り ( 2 回目 )
4 回
2

-
行き ( 1 回目 )
8 回

戻り ( 2 回目 )
4 回
-

2
行き ( 1 回目 )
8 回

戻り ( 2 回目 )
4 回
2

2
行き ( 1 回目 )
7 回

戻り ( 2 回目 )
3 回

二つの武器、攻撃力の差は ± 5

  

ふっとばし効果 の、ふっとばしについて

 ふっとばし力アップが反映されるのは、左手側となりました。
 見た目で全然違う為、確定だと信じたいです……。

左手

バフ状態
右手

バフ状態
結果
S.ふっとばし力アップ Lv 3

ふっとばし効果 Lv 3
-

-
効果 あり
-

-
S.ふっとばし力アップ

ふっとばし効果 Lv 3
効果 無し
S.ふっとばし力アップ Lv 3

ふっとばし効果 Lv 3
ふっとばし力アップ Lv 1

-
左手と同じ結果

  

エンチャントファイヤー効果

 エンチャントファイヤー効果が発生すると、受ける側は、移動可能になってしまいます。
 行き ( 1 回目 ) で、エンチャントファイヤー効果が発生した場合、スキルが終了するまで、自分だけが動けなくなります。

 多分ですが、エンチャントファイヤー効果によって、ダメージ量は、増加してくれます。

  

 逆に Bot の場合、エンチャントファイヤー効果が発動しても、逃げの行動をとりません。
 足を止め続ける為、状況によっては、延々と殴り続ける事が出来ます。


  

エンチャントサンダー効果

 エンチャントサンダー効果だけは、他の エンチャント効果 / バフ効果 の働きを、阻害しません。

 例えば、エンチャントアイス効果 → エンチャントサンダー効果 が発動した場合。
 電撃に包まれた雪だるま ( サンダー + アイス )が、完成します。

 万能バフに近いですが、バフ構成は慎重に。


  

調査結果から推測

( 重要 ) 状態異常の仕様変化

 よろけ効果 / ふっとばし効果 / エンチャントファイヤー効果 が、最後に発生した 場合、ほぼ全ての状態異常が、強制的に解除されます。
 例えば、アイスエンチャント → よろけ ( ふっとばし効果 ) の順番だと、雪だるま ( アイスエンチャント効果 ) が、消えてしまいます。

  

 挙動を見る限り、魔法使いのエンチャントショットと、全く同じ仕組みだと思われます。
 上書き出来ない特性なので、対抗策はありません。

 エンチャントショットと同じなので、よろけ ( ふっとばし効果 ) → アイスエンチャント の順番だと、雪だるま ( アイスエンチャント効果 ) のままで終わります。


  

通常攻撃に近い性質を持つ

 一回の攻撃で、当てた箇所に応じた、全てのバフ効果が表れる。
 発動の順番は、指定出来ない。
 エンチャント / バフ効果 は、同時に発動しない。( 全クラス共通の仕様を使う )

 二つの特徴を兼ね備える物は、通常攻撃に近いと思います。
 ダブルトマホークの攻撃は、左手 / 右手の 、通常攻撃をブン投げている物と考えて、間違いないと思いました。

  

 上記のやり取りは、ダブルトマホークのみの動作です。
 バーサーカーの通常攻撃は、他のクラスと同じく、エンチャント効果 / バフ効果 が、同時に発動する事はありません。

 通常攻撃は個別判定なので、左手で攻撃 = 左手のバフのみ / 右手で攻撃 = 右手のバフのみ が使用されます。
 個別に、連続で発動した場合、同時に発動したように見えるだけです。


  

ダブルトマホークの動作 ( 一例 )

 例えば、以下のような装備をした場合。

 左手 …… エンチャント A + バフ効果 C ( 2 種類 )

 右手 …… エンチャント B + バフ効果 D ( 2 種類 )

 ダブルトマホークで攻撃すると、敵は 2 + 2 = 4 種類 に加えて、ダブルトマホークの よろけ効果 が与えられます。
 合計 5 種類の判定を、バラバラの順番で、一度に受ける事になります。

 攻撃が終了した後、最後に効果が発生するのは、上記 5 種類の内、どれか一つです。

 通常攻撃の場合、左手は 2 種類 / 右手は 2 種類 の効果が、判定されます。
 連続して、左手、右手で発動した場合、見た目だけは、同時発動のように見えます。


  

状態キラー系の組み合わせには、注意が必要

 背後攻撃アップは無条件で、、S.状態キラー、状態キラーと組み合わせると、ダメージが激減します。
 S.状態キラーは、ちょっと分かり辛いので、不明とします。

 逆に、**状態キラー ( エンチャント系 ) + ( エンチャント系 ) を、別々の武器に装備した場合、ダメージが増加します。


  

同じエンチャント / バフ効果を入れれば、発動確率は上昇する

 左手 / 右手の、バフ効果が使用される為、確率は休場します。
 当たり前な話ですが、ダブルトマホークの場合、超重要な所です。


  

異なるエンチャント / バフ効果を入れた場合、発動確率は変動する

 通常攻撃と同じ性質な為、バフ効果を優先するために、エンチャント効果の確率が低下します。


  

ダメージ計算について

 完全に不明ですが、今回の結果から考えると、両手の攻撃力 ( 右の攻撃力重視 )から、計算される物、だと思います。

 ダメージが上昇した、全ての結果に共通しているのは、左右の攻撃力の差が低い + 右の攻撃力が高い 時です。
 両手から計算される為、ダメージを上げる為に必要な攻撃力は、高めに設定されていると思います。

  

 ハッピーウォーズwiki から引用。

左→右→左→右→両手→両手の順。両手の時は両手とも攻撃判定があるが、 威力は両手分なく、調整されている。

 多分、この事じゃないかなー、と……。
 両手を使うスキル、として扱うなら、ダブル竜巻斬りのダメージも、同じ条件で算出されている、かもしれません。

  

 ちょっと分からなかった為、まずは 攻撃力アップ のバフを、色々試してきました。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
395 / I

しびれ状態キラー
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) 寄りあり

キラー二つの最高ダメージ
両手の攻撃力差 ± 275
- - -
395 ( + 200 ) / I

しびれ状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) , ( - 2 ) の時が多い
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
395 ( + 200 )/ I

しびれ状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
(- 3 ) , ( - 2 ) 中央

( - 2 ) , ( -1 ) も確認
395 ( + 200 ) / I

しびれ状態キラー
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
( -4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) , ( - 2 ) も確認
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
395 ( + 200 ) / I

しびれ状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央

真横から当てると、 ( - 4 ) 左を確認

  

 ( - 4 ) , ( - 3 ) が出ていますが、 ( - 3 ) , ( - 2 ) の時が多い為、弱体化していると考えています。
 目視や感覚で、減ったとわかるぐらいなので、ほぼ間違いないでしょう。

 次に、攻撃力アップ のバフを消去して、左手の武器を強化していきます。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
395 / I

しびれ状態キラー
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー

攻撃力アップ Lv 2
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) 寄りあり

キラー二つの最高ダメージ
両手の攻撃力差 ± 275
- - -
395 → 567 / I

しびれ状態キラー
470 / T

雪だるま状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ) .

( - 2 ) 寄りあり
( - 2 ) , ( - 1 ) 中央あり

395 を強化して、567 へ
攻撃力 + 172

両手の攻撃力差 ± 97
470 / T

雪だるま状態キラー
567 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) , ( - 2 ) 中央あり
両手の攻撃力差 ± 97
- - -
567 → 906 / I

しびれ状態キラー
470 / T

雪だるま状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) , ( - 3 ) 寄り

( - 3 ) , ( - 2 ) 中央

567を強化して、906へ
攻撃力 + 339

両手の攻撃力差 ± 436
470 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

(- 3 ) , ( - 2 ) . ( - 3 ) 寄りあり

両手の攻撃力差 ± 436

  

 思いっきり攻撃力を上げた時、キラー系で最も効果が出た、( - 4 ) , ( - 3 ) 中央、 ( - 3 ) 寄りの、ダメージ強化が発生しました。
 武器の攻撃力が関係しているのは、間違いないと思います。

 最後に、右手の武器を強化して、攻撃力アップ Lv 2 に近い形まで、少しずつ上げていきます。

 ……あれ、これでやり方あってるんだっけ……?

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
395 / I

しびれ状態キラー
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー
攻撃力アップ Lv 2
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) 寄りあり

キラー二つの最高ダメージ
両手の攻撃力差 ± 275
- - -
906 / I

しびれ状態キラー
470 → 511 / T

雪だるま状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ), ( - 3 ) 寄り

( - 4 ) 左より あり

470 を強化して、511 へ。攻撃力 + 41

両手の攻撃力差 ± 395
511 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央

( - 3 ) 左寄り あり

両手の攻撃力差 ± 395
- - -
906 / I

しびれ状態キラー
511 → 675 / T

雪だるま状態キラー
( - 3 ) , ( - 2 ) 中央

( - 3 ) 左寄り あり

511 強化して675 へ。攻撃力 + 164

両手の攻撃力差 ± 231
675 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 4 ) 左寄り あり

両手の攻撃力差 ± 231

最高記録を更新

  

 更に上の結果が出ました。
 今までの良い結果だけを、一つに纏めて、攻撃力順に並べ替えます。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
675 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 4 ) 左寄り あり

両手の攻撃力差 ± 231
最高記録を更新
395 / I

しびれ状態キラー
470 ( + 200 ) / T

雪だるま状態キラー 攻撃力アップ Lv 2
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) 寄りあり

両手の攻撃力差 ± 275
470 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

(- 3 ) , ( - 2 ) . ( - 3 ) 寄りあり

両手の攻撃力差 ± 436
470 / T

雪だるま状態キラー
567 / I

しびれ状態キラー
( - 4 ) , ( - 3 ) 中央

( - 3 ) , ( - 2 ) 中央あり

両手の攻撃力差 ± 97

  

 良い結果と言われる条件は、攻撃力アップのバフ込みで、右手の攻撃力が高いこと。
 更に条件を絞ると、ダメージ幅の揺れが少ないのは、攻撃力の差が少ない時になりました。

 左手 / 右手 を使うスキルですから、当然といえば、当然の結果だと思います。
 差が少ない値にすれば、どちらに当てても、似たようなダメージを与えてくれます。

 当たり前の結果ですが、ダメージの値を安定させる為の条件、としては、変わりありません。

  

 ちなみに、他の組み合わせは、物不足で出来ませんでした。
 スレイヤー系とか、どうなるんでしょう?
 状態キラーの組み合わせみたいに、名称が違うから、更に強化されるんでしょうか?


  

ダメージ量が不安定

 スキルの特性上、左手 / 右手 で一発ずつ殴る為、どちらかを外したら、ダメージは大幅に減少します。
 単純といえば、単純な考えですが……。

 ダメージ算出の結果から、一番良いと思われる物を抜き出した後、全てを % 表記に修正して、与えたダメージ ( 100 % - )に直します。

  

左手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
右手

攻撃力 / エンチャント

バフ状態
結果
675 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( 12.5 % ) , ( 25.0 % ) 中央

( 25.0 % ) 左寄り あり

両手の攻撃力差 ± 231
- - -
675 / T

雪だるま状態キラー
906 / I

しびれ状態キラー
( - 87.5 % ) , ( - 75.0 % ) 中央

( - 75.0 % ) 左寄り あり

両手の攻撃力差 ± 231
最高記録を更新

 良い結果と言われる物でも、与えるダメージ量の、上限と下限の差は、 ( 87.5 % ) , ( 75.0 % ) ± 12.5 % となりました。

 数字だと微妙かもしれませんが、体感でも感じられるぐらい、上下の幅が物凄いです。  また、結果の物は 2 回、武器を二つ当てた時の、限定品です。
 実際は、もっと不安定な事になります。


  

ダメージ要因が多すぎる

 個人的に、一番きっつい所です。

 新しいバフやら、既存のバフを組み合わせた場合、威力が低下する可能性があります。
 仕様変更によって、ふっとばし力アップ で、威力が下がるかもしれません。

 何かが変動した時、ダメージが減った原因がなんなのかを、割り出しにくいです。
 また最初から、一から全部やらなきゃいけない、って思ったら、クラス変えた方が早いです (;´Д`)

  

スキル強化に必要な事

 ダブルトマホークの当たり方は、超不安定で、頼れる物じゃありません。
 火力を向上させてもいいですが、個人的には、左手 / 右手武器の 攻撃力差を、出来るだけ縮める方が、優先だと思います。

 差を少なくしてしまえば、左手 / 右手でも、当たった時のダメージ量は、似たような物になってくると思います。
 勿論、片方だけを重点的に強化して、一発逆転を狙うというのも、十分ありな構成だと思います。

 ぼんやりした答えになってますが、ダブルトマホークの特性を考えると、個人によるとしか言えません。(;´_`)


  

建築スピードアップ

留意点

 建築速度に関しては、結果の幅が大きすぎる事を、念頭においてください。

 人の手で行っているせいか、実際に計測していると、1 - 2 秒ズレたりします。
 端数の部分を、ランダムに切り捨て/ 切り上げ とか何でしょうか?

 やればやるほど、ズレが激しくなってきます。
 キャラクターLvの存在が怪しいですが、よくわかりません。


  

建築速度の調査時間

 ハッピーウォーズwikiより、引用。

武器が2つになるため、同Lvの同バフを装備できるが、 建築バフなどはLvが高い方のみ適用される。

 左手 3,2,1 / 右手 3,2,1 → 全て同じなので、建築 3 のみ

 左手 3,2,1 / 右手 無し → 右手が何もない為、建築 3,2,1 が、纏めて「高い方」として認識される。
 この場合、建築 3,2,1 が、最高速度。

 どっちなのか分からなかったので、片っ端から調べてきました。

 表の結果は、小数点第二の値を、切り捨てています。

  

左手

右手
結果 ( 秒 ) 三つの平均

最短時間
その他
-

-
25.5 / 24.0 / 26.1 25.2

24.0
-
- - - -
2

1
18.7 / 20.2 / 19.0 19.3

18.7
20.7 記録あり
3

-
18.6 / 18.1 / 18.1 18.2

18.1
一回で灰色タワーへ
3

1
18.2 / 18.2 / 18.2 18.2

18.2
-
3

2
18.1 / 17.1 / 18.0 17.7

17.1
-
3

21
19.0 / 18.4 / 18.0 18.4

18.0
-
3

3
18.8 / 18.3 / 18.3 18.4

18.3
-
- - - -
1

32
18.0 / 17.2 / 16.2 17.1

16.2
( 16.2 )
16.1 記録あり
32

1 17.0 / 17.1 / 17.1 17.0

17.0
-
32

2
16.9 / 17.9 / 16.2 16.2

16.2 ( 15.3 )
15.3 記録あり
32

3
16.3 / 17.4 / 16.3 16.6

16.3 ( 15.1 )
15.1 記録あり
32

31
16.3 / 16.9 / 16.8 16.6

16.3
-
32

-
16.6/ 15.6 / 16.4 16.2

15.6
-
-

32
16.7 / 16.3 / 17.1 16.7

16.3
-
32

32
17.2 / 15.5 / 15.9 16.2

15.5
-
- - - -
321

1
17.2 / 16.4 / 17.1 16.9

16.4 ( 15.3 )
15.3 記録あり
321

3
15.8 / 17.8 / 16.7 16.7

15.8
-
321

21
17.3 / 16.5 / 15.7 16.5

15.7 ( 15.5 )
15.5 記録あり
321

32
18.2 / 16.4 / 16.5 17.0

16.4 ( 16.0 )
16.0 記録あり
321

-
17.1 / 16.2 / 16.4 16.5

16.2 ( 14.5 )
14.5 記録あり
-

321
16.9 / 18.1 / 16.4 17.1

16.4
-
321

321
16.2 / 17.1 / 16.3 16.5

16.2
-

  

結果から推測

一回の建築で、タワーを灰色にするのなら、Lv 3 が必須

 Lv 2 でも、2回で色が変わる為、かなりの恩恵を得られると思います。
 他のクラスと、比較していませんが、標準の速度が遅いんでしょうか?


  

左手 3 / 右手 3 よりも、左手 3 + 何か / 右手 3 + 何か の方が早い。

 より効果が得られるのは、両手に 3 + 何か を、装備した時です。
 建築 3 のみで扱われない上に、両手で判定されると、推測出来ます。

  

左手

右手
結果 ( 秒 ) 三つの平均

最短時間
その他
-

-
25.5 / 24.0 / 26.1 25.2

24.0
-
3

3
18.8 / 18.3 / 18.3 18.4

18.3
-
321

32
18.2 / 16.4 / 16.5 17.0

16.4 ( 16.0 )
16.0 記録あり
321

321
16.2 / 17.1 / 16.3 16.5

16.2
-

  

バフの合計値で一致させても、同じ結果は得られない

 3 + 2 + 1 の効果が、3 + 3 よりも、高い結果となりました。
 両手に装備した方が、より効果を得られます。

  

左手

右手
結果 ( 秒 ) 三つの平均

最短時間
その他
321

-

( = 6 )
17.1 / 16.2 / 16.4 16.5

16.2
( 14.5 記録あり)
3

3

( = 6 )
18.8 / 18.3 / 18.3 18.4

18.3
-

  

最速の組み合わせ

 両手に装備 / Lv 3 + 何か なので、数値で考えるなら、321 / 321 です。
 しかし、記録上では、32 / 32 が、最速の組み合わせになりました。

 左手 321 のみの方が早いですが、平均時間を見る限り、32 / 32 で、ほぼ確定でしょう。
 クールタイム短縮 Lv 4 の時のように、バフを強化されすぎて、逆に弱くなってしまった物だと、勝手に推測しています。

 単純に、計測ミスだったりして。

  

左手

右手
結果 ( 秒 ) 三つの平均

最短時間
その他
32

32
17.2 / 15.5 / 15.9 16.2

15.5
-
321

-
17.1 / 16.2 / 16.4 16.5

16.2 ( 14.5 )
14.5 記録あり
-

321
16.9 / 18.1 / 16.4 17.1

16.4
-
321

321
16.2 / 17.1 / 16.3 16.5

16.2
-

  

左手と右手で、効果の差は発生しない(推測)

 ちょっと分からなくなったので、仮としておきます。
 人力の限界というか、ここまで時間が近いと、もう確定だとは思うのですが……。

  

左手

右手
結果 ( 秒 ) 三つの平均

最短時間
その他
32

-
16.6 / 15.6 / 16.4 16.2

15.6
-
-

32
16.7 / 16.3 /17.1 16.7

16.3
-
321

-
17.1 / 16.2 / 16.4 16.5

16.2 ( 14.5 )
14.5 記録あり
-

321
16.9 / 18.1 / 16.4 17.1

16.4
-

  

行動別による、ダメージ倍率の比較

 今までの記録を集めて、通常攻撃を 100 % とした時の、比率を作ってみました。
 相手が対物な為、プレイヤー同士だと、どうなるのか分かりません。

 結果の表は、装備を変更した所だけ、記載をしてあります。
 記述がない場合、通常攻撃と同じ条件 である、装備無し で、行いました。

 バリスタの破壊数が同じ所は、キャノンで比較をしています。

  

行動 使用箇所 補足 ダメージ倍率
通常攻撃 左手
1,3 回目で使用

右手
2,4回目で使用

両手
5,6 回目

最後の攻撃は、ふっとばし効果 付き
該当箇所の 武器攻撃力 + バフを使用。
エンチャント / バフ効果も同じ

対物に対する攻撃は、エンチャントに左右されない。

両手のダメージ等は不明
100 %

全ての基準値
スーパーエンチャントアタック 右手 右手にエンチャントが無い場合、左手を使用。

アイスエンチャントのみ、ダメージの増減幅が小さい
ファイヤー
ウインド
サンダーエンチャント

175.0 %

アイスエンチャント

140.0 %
かちあげ 右手 バーサーカーの場合、動作が遅い 114.2 %
ダッシュ突き 左手

右手

( 両手 )
中央部分に当てると、2 ヒット。

左右で攻撃した扱い? になる模様
測定が難しかったので、不明
建築行動 両手 最速の組み合わせは、両方の武器に、Lv 3 + 2 を装備

タワーを一回で灰色にするなら、Lv 3 が必要
-
バフ名「ふっとばし効果」 による、ふっとばし 右手 分かりにくい為、暫定 -
- - - -
共通スキル - - -
- - - -
投石 左手 背後攻撃アップ を使う場合、ダブルトマホークの、ダメージ低下に要注意 77.7 %
ふっとばし 右手 - 175.0%
突撃 右手 - 233.3 %
人間ミサイル 右手 - 633.3 %
チャージアタック

最大チャージ時 のみ 計測
右手 - 950.0%
- - - -
バーサーカー専用スキル - - -
- - - -
ダブルトマホーク 左手

右手

個別に判定
中心部に当てた場合、全てのエンチャント / バフ効果発動

ややこしい仕様なので、説明箇所を参照
行き ( 1 回目 ) のみ
77.7 %

往復 ( 2 回目 )
175.0 %
ダブル竜巻斬 両手? 完全に不明 -

  

 個人的に、凄くやってみたかった纏めです。
 プレイヤー同士だと、違う結果になると思いますが、行動の強さの、目安になると思います。

 こうやって並べてみると、ふっとばし って、滅茶苦茶強いですね ( ; 一一)
 ハイパーふっとばし になると、更に威力上がるんでしょうか。ひえー。


  

気になる所 / 調べたい所

APダメージの判定箇所

 ダブルトマホーク、通常攻撃、共に共通です。

 プレイヤーに当てればいいんでしょうが、調査の為に、他人のゲーム時間を強制するのは、好ましくないと思っています。
 パーティー組んで遊ぶ物とは、ちょっと違うと思いますし。

 ちなみに。Google検索すると、APダメージは右側だけが反映される。という文章が見つかりました。


  

ダブルトマホーク

状態キラー系の追加調査

 物がありません(; 一一)

 S.状態キラー ( エンチャント A )+ S.状態キラー ( エンチャント B ) で、どうなるのか、知りたいですね。
 物がそろって来たら、S.状態キラー ( 気絶 等 ) も、調べてみたいです。

 対ガード攻撃力も気になりますが、調べ方が分かりません。

 これ以外にも、一つの武器に対して、しびれ + 雪だるま状態キラー はどうなるか? とかがあります。
 そっちの場合、一つの武器に二個くっつける為、強化の度合いは緩くなると思います。

 でも、実際どうなんだろう……。


  

判定順位

 ダブルトマホークと、ダッシュ突きが激突した場合、大抵ダブルトマホークが、判定勝ちになっています。
 また、ダッシュ突き と何かが衝突した時の、両者がダメージを受ける。といった現象が、起こりにくいと思っています。

 戦士スキル「投石」を使用していると、ダブルトマホークの判定強さは、魅力的な物に見えると思います。
 調べようがないですが、一応メモというか、気になる所として。

 バンバカぶん回してるせいで、勝手に先手取ってるだけ、かもしれません。(; - - )


  

感想やら色々

後書き

 バーサーカー微妙。でも、ダブルトマホーク強い! 超面白い! ちょっと調べてみよう!
 という所から始まって、好奇心に流れた結果、ここまでの物になってしまいました。(; 一一)

 それにしても、特殊すぎるクラスですね~。
 共通スキルに関しても、左手バフだけが反映 / 右手バフだけが反映、なんて事になるとは、思いませんでした。

 かなり癖のある仕様ですが、行動と対応バフさえ覚えてしまえば、非常に面白い装備やら戦法やらが、ジャンジャン発見出来ると思います。
 ネットゲームやってる人とかは、装備の組み合わせで、アレコレと考えてたりするんじゃないでしょうか。

 長い調査になりましたが、貴重な結果が得られて、本当によかったです (∩´∀`)∩

 それにしても、左手と右手で扱いが違うって、ラグナロクオンラインやってなかったら、分からなかったかも(;´Д`)

  

 こんだけ調べちゃえば、もうやる事は無いと思います。
 後は色々考えて、楽しいバーサーカーちゃん生活を、隅々までブチキレしながら エンジョイするだけです。

 とりあえず、バーサーカーちゃんから、バーサーカーさんにするまで、遊びつくしてみます。
 ついでにゲーマータグも、バーサーカーLOVEとでも書いておこうかな……。


  

ブログ作成についての適当なメモ

 知らない間に、はてなブログに対して、目次機能が追加されていました。

 2015年の9月に導入されて、見出し3-5 ( ### - ##### ) のみ対応、らしいのですが。
 実際は、見出し1-5 ( # - ##### ) まで、しっかりと対応しています。やったぜ。

 とはいえ、今回は量が多かったから、分割した方が、色々と良かったのかな……。

 見出し機能さえあれば、箇条書きで無駄なアピールを減らせるはずです。
 スマートフォンやら、Markdown エディタ でプレビューすると、ゴチャゴチャして見えるんですよね。
 私だけでしょうか?


  

ブログで使用したツール類

 すんごい便利な物発見したので、ご紹介させて頂きます。

Mery ( テキストエディタ / メモ帳ソフト )

 見出しプレビューが出来る上に、行に対してブックマークを行える為、再開する時の手間暇が、ぐぐーーーっと減ります。
 ここは後回しで( ブックマーク設定 ) こっちは終わったから( ブックマーク解除 )
 この機能が超便利。

 見出しの部分をドラッグすれば、該当の記事を丸ごと移動させてくれるのも、かなーーりのお手軽感。
 行番号表示、カーソルの場所に下線、半角 / 全角のスペース表示を描写化 ( 凄い分かりやすい色 )等、ほしい物盛りだくさんでした。

 もう完全に乗り換えてます(`ー´)

 Mery 配布先 …… Mery wiki


  

簡単 Markdown 新規作成

 Mery で内容を書いた後の、プレビューに使ってました。
 プレビュー機能付きのエディタも、色々と配布されているのですが、PCが古いせいで、まともに動かせなかったです。

 ブラウザ依存だから、投稿した時と、大体似たようなレイアウトになるというのが、一番いいですね。
 今までの地獄から、色々とさようならでした。

 簡単 Markdown 新規作成

 配布先 …… GitHub