読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽メモ帳

ゲーム攻略や、その他のメモ置き場です。画像関係は申請があれば、即刻削除致します。

360版ハッピーウォーズ、戦士スキル「投石」のススメ

 最終更新日:2016/07/14

  •  気絶時間が調整された為、ところどころ直しています。

  

 ハッピーウォーズ wikiを、参照にしています。→ http://wikiwiki.jp/happy-wars/

 戦士スキル「投石」の使い方です。
 超優秀なスキル → 優秀なスキル なのに、使用者がちょっと少ない? んでしょうか?

 こういうスキルは、もっと流行るべきだと思います。
 自分の手の内を、全部記載してみました。
 負けが続くかなあ……。

  

 投石の使い方

 性能について

 ハッピーウォーズwikiによると、気絶の発生確率は、前方 50% / 背後 100%

  •  去年調査した物によると、気絶効果Lv3 の確率が、約30%でした。
     S.気絶効果 は分かりませんが、少なくとも、気絶効果Lv3 よりも、上の設定になっています。
     発生確率だけ見ると、各種効果のバフよりも、非常に凶悪です。

  

  •  気絶の判定は、着弾した所に居た 敵複数が対象です。
     敵が二人居た場合、二人共、気絶する事があります。
     元からの仕様なのか、変更された物なのかどうなのかは、分かりません。

  

  •  気絶状態になると、防御力が低下します。
     敵キャラクターの行動も停止する為、ラグの影響を一時的に受けないという、マルチプレイならではの、非常に強力な長所も持っています。

 気絶状態の敵が、味方のスーパーエンチャントアタックで粉砕した。なんて事を、高確率で引き起こせます。

  

 バフで強化しなくても、連射出来る ( 2016/07/14 追記 )

  •  気絶効果 50% / 100% の遠距離攻撃を、バンバカ連発出来ると考えたら、魔法使いに匹敵していると思います。
     また、投石は 戦士の基本スキル です。Lv1 から所持している、オマケつき。

  

  •  投石の威力は、使用する武器 + バフ によって、決められているようです。(推測)
     各種スレイヤー、背後攻撃、気絶キラー等を組み合わせた場合、冗談みたいなダメージが発生します。

  

 状態異常を上書き出来る  ( 2016/07/14 追記 )

  •  全てのスキル / バフ効果と同じです。投石限定の仕様では、ありません。

 例えば、雪だるま状態の敵を、投石で気絶させた場合、雪だるま状態は消滅して、気絶が発生します。

 同じ状態異常を発生させた場合、解除までの時間を、ゼロに戻してしまいます。
 ウインドエンチャント / アイスエンチャント / 各種効果バフ で、永遠にぶっ叩けるのは、この仕様のおかげです。

 投石の気絶確率は、正面 50% / 背面 100% 。
 運が良ければ、投げ続けるだけで、敵に連続攻撃を与えられます。

  

 遠距離から安全に、一部のスキルを妨害出来る

  •  人間ミサイル / チャージアタック / ウインドスワップ等の、準備段階を潰せます。
     竜巻斬り / ダブル竜巻斬り は、気絶として潰せる為、安全に追撃をする事が出来ます。

 スキルを阻止すると、相手の該当スキルには、クールタイムが発生します。
 面倒くさいと感じる仕様な為、受ける側にとっては、やめて欲しい物の一つ、だと思います。

  

 高さに対する追尾能力について ( 2016/07/14 修正 )

  •  投石で投げられた物体は、軸線上の敵に対して、高度込みの追尾を行ってくれます。
     その為、誰も居ない所に投げた時と、結果が大きく異なります。

 条件が非常に厳しいため、積極的に狙う物ではないですが、覚えておくと、不意の一撃を突く事ができます。

  

  •  昼の砂漠 Desert マップの場合。
     城門前の高台、爆弾岩付近 / 砲台付近 に敵が居た場合、下から投石が届きます。
     中央タワー、らせん型通路の入口付近。入口で陣取っている敵が居た場合、後ろから投げると、ほぼ確実に投石が届きます。

  

  •  溶岩が存在する、 Twilight マップの場合。
     物凄く低確率ですが、城から手前のタワー、高台の爆弾岩付近 に敵が居た場合、下から投石が届きます。
     投石の物体が、60-75の角度で、上昇していく姿は、圧巻の一言。

  

  •  下への角度も補ってくれますが、下に降りて、直接当てた方が、いいと思います。

 後述にしていますが、その気になれば、バリスタに乗っている敵を、ピンポイントで狙う事もできます。

  

 以上の点を利用すれば、自分の戦い方を、大きく広げる事が出来ます。

  

 投石を使うと、互いの選択肢が増大する

 コレが凄く面白いです。

 遠距離から投石を食らった側は、投げた側に対して、なんらかの対応をしなければいけません。
 大火力の武器と、バフの効果で勝負 という展開には、なりずらくなります。

  

 相手が距離を取ったから、攻撃を誘ってみようかな? 更に石を投げて見ようか。
 敵がガードで近づいてきた。ダッシュ突きで、裏取れるかな? それとも、後ろの爆弾岩を使おうかな?
 シールドチャージを溜めてきた。高台に避難して……いや、こっちの物陰かな?

  

 といった感じなので、ダッシュ突き / 通常攻撃 とは、異なる世界が展開します。
 コレに 味方 / 敵のbot + プレイヤー が入り混じると、選択肢が一変して、更に面白く悩む事に。
 気絶で操作ミス等も起こる為、ちょっとしたトラブルも作れます。

  

 また、気絶状態は、防御力が低下する為、相手が高級装備を持っていても、なんとかなる可能性が出てきます。
 敵の攻撃を避けながら、相手を気絶させて、確実に攻撃を当てていく。
 自分のHPが少なくなったら、引きながら投石を当てていく。

 コレさえキッチリ上手くいけば、相手が高品質の装備を持っていても、なんとかなります。
 逆のパターンですが、駄目な時は、全然駄目です。

  

 場所別の使い方

 平地

 射程距離に入ったら、とりあえず連射  ( 2016/07/14 追記 )

  •  適当に見えてしまうやり方ですが、投石に慣れていない人だと、ほぼ確実に当たってくれます。
     当たらなくても、相手に対して、回避 / ガード / 対策装備で突っ込む 等の、後手 を与えられます。

 また、射程距離ギリギリで命中させた場合、真正面から激突した時の、装備の質 / プレイヤーの腕前勝負 を、少し回避する事が出来ます。
 個人的な考えですが、勝率を激変させる、要素の一つだと思っています。

  

  •  特に効果的なのが、試合開始直後、両軍が衝突する時。

 頼りすぎは禁物ですが、他の味方が後ろを取って、相手を粉砕してくれる、かもしれません。

  

  •  幅の狭い一本道で連射すると、相手に強烈な足止めをかけられます。

 サイクロンを発動しようとした、敵のゼファーが前に出すぎて、投石に引っかかってしまった。なんていう、不慮の事故も誘発出来ます。

  

  •  投石の狙いを定めれば、ちょっとだけ、任意の敵を、狙う事は出来ます。

 僧侶が復活をばら撒いていたり、ゼファーが毎回ウィンドスワップで狙ってくる、なんて時には、少しだけ役に立ちます。
 相当運絡みですが、一応狙えます。一応……。

  

  •  注意したいのは、敵のウインドエンチャント ( ウインドブラスト )

 投石の射程距離は 通常のウインドブラストより長く / スーパーウインドブラスト と、ほぼ同等です。
 投げ続けていたら、スーパーウインドブラストを食らって死んじゃった、なんて事は、本当によくある出来事です。

 また、敵戦士の投石にも、警戒しておきましょう。

  

  •  弱点を抱えていますが、どんな状況でも、当たれば有利 / 先手は有利 なのは、変わりないと思います。

 投げてみてから考えても、決して遅くは無いと思います。

  


 ダッシュ突きに連携する ( 2016/07/14 追記 )

  •  気絶時間が短くなった為、積極的に狙えなくなりました。
     予備知識のレベルだと思います。

  

  •  スキルボタンを連打しながら、進行方向にスティックを倒すと、極僅かに移動する事が出来ます。
     この仕様を利用すれば、ダッシュ突きの射程外から、一方的に攻撃する事が出来ます。
     確実に狙えるのは、敵の背後からです。

 また、投石の性質上、盾を持てない魔法使い は、一連の流れに引き込みやすいです。

http://i.imgur.com/OKMMEzF.png

  •  条件は、ダッシュ突きが当たる距離で、敵が気絶していればいいだけです。

 前方から、気絶確率50% を引き当てまくれば、真正面からでも、一連の流れは引き起こせます。
 50% の運絡み に見えてしますが、距離次第では、狙える行動だと思います。

  

  •  受ける側から見た場合。
     前方から食らった場合、気絶確率50% の外れを引けばいいだけです。
     しかし、背後から食らっている場合、気絶確率は100%なので、適当にスティックを回していると、脱出出来なくなります。

 対策を知らない場合、グルグル回しすぎて、気絶を解除したのに回っていた → 背後から食らった なんていう、悲劇に見舞われる事も。

  

  •  凶悪な戦法に見えますが、対処法は簡単です。
     解除のスティック回しは、360度動かさなくてもいい、という長所を利用すれば、簡単に抜ける事が出来ます。

  http://i.imgur.com/077Paub.png

  •  状態異常軽減 のバフを装備すれば、普通に解除するだけでも、回避出来ると思います。
     しかし、距離 / 人によっては、回避出来ない? 時も、あるみたいです。

 とはいえ、相手が投石に慣れている場合、普通に解除しただけで、状態異常軽減のバフを持っている事に、気づかれてしまいます。

 状態異常軽減を知られてしまうと、ダッシュ突きで突っ込まなくなる / 積極的に攻めてこない 等の戦法に、変えてくる人も、居ると思います。
 頼りすぎると、逆に負けてしまうのは、全プレイヤー共通だと思います。多分……。

  


 ダッシュ突きに連携しない

  •  射程距離に入ったら、とりあえず連射 と、全く同じ戦法です。
    ダッシュ突きの範囲外で、相手が気絶したら、連続で使用していきます。

 ダッシュ突きで攻撃出来る という事は、 相手もダッシュ突きで、反撃出来ます。
 ダッシュ突きへの連携が不慣れ / ダッシュ突きが出ない角度だな と思ったら、投げ続けていた方が、安全だと思います。

  

  •  難しく考えないで、強引に攻めるのは苦手だから、安全に削りたいという方には、とりあえず連射を、強くオススメします。
     相手が戦士 / 僧侶 の場合、安全に攻撃する事が出来ます。

  


 敵と戦っている / 敵から逃げている 味方が居たら、とりあえず投げる

  •  敵がガードしたら、味方が背後から攻撃 / 気絶したら、味方が追撃 等の流れが、極々自然に引き起こされます。
     敵に押し抜けられる確率を、大きく下げる事が出来るのは、非常に便利です。

  

  •  ダッシュ突きが素早く出せるなら、敵の動きを警戒しつつ、背後に回って、石を投げてみましょう。
     背後から気絶してしまえば、後は投げ続けるだけで、味方と連携が行えます。
     油断している人は、Botに張り倒されたりもします。

  


 壊した城門前 から、城内に投げ込む

  •  投げ位置によって異なりますが、城門付近から投げた石は 城内の中ほど ~ ビッグタワー階段前付近 まで届きます。
     城内から城外に続く、一本道の状態を考えると、相当凶悪な支援の一つ、だと思います。

  


 砂漠マップ、砂穴でハマった敵に対して使う

  •  高低差の追尾が働いて、砂穴の敵に、石が命中します。
     見た目が最悪ですが、キルを狙える、絶好のチャンス。
     ふっとばし 等でハマった相手には、石を連発しましょう。

  


 障害物の端っこを狙う

  •  ラグを利用した、置いておく戦法です。

 特に引っかかりやすいのが、丸の形をしている、Sunset / Ketchup Avenue のステージ。
 障害物が丸いせいで、変な当たり方をする事が、非常に多いです。

  http://i.imgur.com/G9rDRLa.png

  


 裏取り対策( 城門前 )

 やっぱり投げる

  •  裏取りに来た敵戦士が、城の城門、左右の窪みに陣取る っていう流れは、王道に近くなっています。
     超ダルいけど、仕様だから、仕方ありません。
     とはいえ、陣取っている状態だと、城門を攻撃する事は出来ません。

 もう面倒だから、さっさと陣取れよって思いながら、石を投げてみましょう。
 投石に反応して、自分を狙ってきたなら、追い払える可能性が出てきます。
 気絶すれば大儲けですし、ラグ対策にもなります。

  

  •  強火力に自信があるなら、移動前に張り倒せばいいですが、無理な時は、本当に無理です。
     最小限に構うのが、無難だと思います。

  


 城門で、竜巻斬りをしている戦士に投げる ( 2016/07/14 追記 )

  •  前で気絶しているのか、背後から気絶しているのか分かりませんが、背後から気絶させた場合、投石連打 + ダッシュ突きへの連携が、ほぼ確定で行えます。  → 少し厳しくなりました。

 背後で気絶した場合、城門が障害物になる為、ダッシュ突きを外す事は、滅多にないと思います。

  

  •  ちょっと博打ですが、窪みから出てこない敵から、一度離れて、城門を叩かせる、というやり方もあります。
     向かってきたら、頑張りましょう。倒せれば、敵を引っ張って、張り倒した事になります。

  


 自軍 / 敵軍 の 城内

 ビッグタワー手前、ガード中の敵を狙う

  •  ビッグタワーの横、やや城壁寄りから石を投げると、追尾機能が働いて、敵の斜め部分に当たります。
     かなり難しいですが、ガードの判定を潜り抜けて、気絶させる時があります。100%では、ありません。
     陣取った敵が居て、どうしようかなー、と思ったら、狙ってみましょう。

 バフ効果でキルされるより、マシになるかもしれません。多分。

http://i.imgur.com/lm54oTd.png

  


 城内から、城外の敵を狙う

  •  物凄く難しいですが、城門側の左右バリスタ付近から投げると、城門を攻撃している敵に、石を当てる事が出来ます。
     壁に消されちゃう事が多い為、盾での調整が必須です。

  •  完全に運頼みですが、バリスタ付近から下に投げると、攻城まるた建築付近の敵にも、命中する事があります。
     城門前の敵が多すぎて、降りるに降りられないって時は、練習と思って、狙ってみましょう。

  

http://i.imgur.com/omPhsCM.png

  

  •   左右の城壁の窪みから、ギリギリ斜めに向かって投げると、ハシゴを建築している敵に対して、石を当てる事が出来ます。
     狙いが付けやすい所なので、頭の中に入れておくと、ちょっかいを出せるかもしれません。

 降りて妨害した方がいいと思いますが、変わった事をしてみたい という方には、オススメです。

  

http://i.imgur.com/G4fvFhK.png

  


 博打な使い方

 突進に向かって投げる

  •  投石して、即座にガード出来ると思ったら、突進に投げてみる事も出来ます。
     ただ、失敗したら大ダメージ / リスポーン画面 なので、頻繁には狙えません。

 狙うのなら、突進を使って、城門に一撃離脱を繰り返している、嫌な戦士さんに使ってみましょう。
 運良く気絶してくれたら、クールタイムを与えて、城門の被害を抑えられます。

 とはいえ、倒されるのが怖い為、狙う物じゃないと思います。

  


 小ネタ

 城壁のバリスタを、城外から狙う ( 2016/07/14 修正 )

  •  追尾能力の利用です。
     投石を使って、敵のバリスタを狙う事が出来ます。
     位置取りはシビアで、実用性があるかどうかは、分かりません。

 追尾能力を利用する為、条件は、敵がバリスタに乗っている / バリスタ周辺、また、軸線上に敵が居ないという、かなりシビアな条件です。**
 狙える物じゃないので、遊びとして。

 対物特化で、化け……るんでしょうか? 完全に不明。

http://i.imgur.com/0V0ZQXD.png

  


 城門を狙ってくる、酷いラグキャラクターに投げる

  •  完全に運絡みですが、敵キャラクターの進行方向、ダッシュ突きぐらいの所に投げると、当たる可能性があります。

 とはいえ、ゼファーのウィンドスワップ持ってきて、ウィンドトラップの上に乗せた方が、物凄い手っ取り早いと思います。
 戦士の 突進 以外でのやり方として、一応書いてみました。

  

 頭装備バフ ロング投石 について ( 2016/07/14 新規作成 )

  •  ロング投石 を装備すると、投石の射程距離が、魔法使いのスキル ファイアーエンチャントショット と、同じになります。

  

 世界が変わります。
 ダッシュ突きの、超高速移動を維持したまま、気絶確率 50% / 100% のエンチャントショットをばらまけます。
 攻撃を食らっても、戦士のタフさ + 盾 で安心出来ますし、ダッシュ突きを使って、敵を仕留める事も出来ます。

  

  •  特に けん制 / 目立つ という意味では、抜群の効果を発揮します。

 射程の関係上、相手の投石 / 一部のエンチャントショット を、完全に無視する事が出来ます。
 また、魔法使いは、盾を装備できない為、動きを大幅に制限する事が出来ます。

 実際に効果があるのかは、分かりませんが、私は見ていますよ という、嫌なプレッシャーが、更に強化されていきます。

 敵と交戦しながら、味方に援護の投石を、一個だけ送る。
 当たらなくてもいいから、敵の魔法使いに向けて、一個送る。
 ダッシュ突きで、逃げた相手に向かって、一発送る、等々。

  

  •  非常に優秀なバフだと思いますが、投石は投石です。

 ガードで無効化 されてしまう為、物量で攻められると、投げている余裕は無くなります。
 良くも悪くも、複数で叩けば勝てる。という、ゲームの基本に沿っています。
 調子に乗りまくってると、手痛いしっぺ返しを食らうことも。……しょっちゅう。

  


 このスキルが無かったら、現在やっている、ファッション重視の装備品なんて、出来なかったと思います。

 色々な意味で、私の生命線です。
 なんで皆、これ使わないんでしょうか?
 強い武器でぶっ叩いた方が、早いんでしょうか?(;?・∀・)