読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽メモ帳

ゲーム攻略や、その他のメモ置き場です。画像関係は申請があれば、即刻削除致します。

ボーダーランズ プリシークエル 感想やら考察

 最終更新日 2016/03/13

 ネタバレの部分は、警告の文章を置いています。
 前半部分は、購入に悩んでいる、今までのファン向けかも。

 行間の間隔が、いまいちピンと来ない……。
 はてなブログの、レイアウト変えればいいんでしょうか。

感想や考察

全体的な感想

  •  基本を変えないまま、プレイスタイルに対しての、利便性を上げた作品になっていました。
     プリシークエル独自の仕様により、戦闘スタイルの幅が、一気に拡張されています。

 アイテムが揃ってくる、序盤後半辺りから、本領を発揮していきます。
 画面が殆ど変わっていない為、元からやってるファンの人は、最初の方で、少し飽きるかもしれません。
 今作に関しては、コレがちょっとだけ不満でした。

  

  •  プリシークエル最大の特徴は、玄人好みの強化です。

 敵も味方もゆっくり + 目立つ酸素マスクによって、スナイパーライフルが超便利な代物に。
 待望のレーザー兵器、ついに実装。

 貼り付いてくる敵には、スラム攻撃 / クリネ属性。
 秒間 0.0 - 2.0 の、便利なグレネード増加に加えて、消費を抑えるアイテムの追加。

 メイン / サブストーリーに、奥深い話が加わった。
 ウィルヘルムさんが面白すぎる 等々。

  

 スラム属性の代わりに登場した、クリネ属性に関しては、冗談抜きで最高の代物です。
 敵の動きが完全に止まる為、非常に追撃しやすいです。
 空中に居る敵は、そのまま地面に落下して割れるという、まさかの一撃死を見せてくれます。

  

 エクスプローシブ属性の、地位向上にも、なっていました。
 近寄ってきた敵を、クリネ属性で凍結 → エクスプローシブ(ショットガン)だ! とか、気持ちがハッピーになります。
 朝になったら超痛そう。

  

  •  細かい所が調整されたので、今までの作品では不可能だった、近未来的な戦いが出来ます。

 レーザー出しながら走り回って、近くの敵にパイルバンカー(エクスプローシブの腕)をぶちこむという、サイボーグ映画プレイも可能です。

  

 私は、まだウィルヘルムしかクリアしていませんが、非常に面白い代物でした。
 興味を持った方は、プレイをお勧めします。
 ひじょーーに、面白いですよ。

  


  

 以下は考察。
 大量のネタバレを含みます。

  


  

要所要所の考察

 今作のストーリーは、非常に奥深い物でした。

  

 Jack と影武者について

  • 「影武者のエコー」で、セクシー というキャラクターが登場しています。
     ジャック ( Jack ) がメインストーリー中に言った、モクシー ( Moxxi ) に「セクシーな君」という事から考えると、二人は男女の関係にあった、のかもしれません。

  

 この場合、 モクシー が ジャック の子供を産んだ場合、誕生するのは セイレーン の エンジェル ( Angel ) となります。
 モクシー の肌が白い という事を考えると、モクシーは セイレーン という可能性が出てきます。

 じゃあ、スクーター絡みの所 ( Scooter ) は、一体どうなっているんでしょう。
 スクーター には妹の、エリー ( Ellie )が居ますが、彼女はセイレーンとは思えない程、正常な肌色をしています。
 セイレーンは確率で遺伝する? 等が考えられますが……。

  

  •  仮説で考えていくのなら、エンジェル は、ジャック の娘 ではありません。
     エコー内容は、あくまでも「影武者」の話で、エコー中に Tom と言いかけています。
     本人の話ではありません。

  

 DLC 「 Claptrap のデジタルな決死圏 」 だと、ジャックは「俺の子供はロボットだけだー」という発言をしています。
 プリシークエルの主人公達を呼ぶ前に、エンジェルは存在している状態なので、ジャック は エンジェル の事を、子供だとは思っていない(本当に子供じゃない) かもしれません。

 ここの辺りは、2 で発覚した、エンジェルに関する扱いで、証明している、ように見えてきます。
 2 でエンジェルが発言した「自分じゃ何も出来ない、臆病者だもの」という話は、子供を作る事含めて……という意味合いにも、なっていきます。
 Badass未満の、変態野郎に見えてきますねえ。

  

  •  プリシークエル のメインシナリオで、モクシーにも指摘されていますが、ジャックには「過度の英雄願望」があります。

 ちょっとうろ覚えですが、Zarpedon と戦う時、「英雄になる時がきたぞ」という発言をしていました。
 英雄になる時は行動する(戦う)のなら、「娘の敵を取るっていう、英雄願望がキッカケ」で、2 の主人公達と戦う事になった、と考えても、おかしくないと思います。
 ここまで来ると、エンジェルの存在って、一体……。

  

 プリシークエルを進めていったら、ハンサムジャックになる というのは、あくまでも外見と呼称 だけだと思います。
 外道の素質やらは、元から十分だったんじゃないかな。と、私は考えました。
 というか、ニューフェイス = 新CEO の新顔 って、なんというハイセンス……。
  

 レースのサブクエストについて

 なんたらの子供が、「チートだよチート!」の発言について。
 私の考え過ぎかもしれませんが、2 の DLC で行われる、レースゲームの事だと思います。

 2 のレースゲームは、一定の条件を満たすと、スタート開始前に発進出来るという、裏技があったので……。
 この事じゃないかなーと、睨んでいます。

  

  Claptrapのデジタルな決死圏のストーリー

 ストーリー部分を深読みすると、物凄く皮肉めいた物が、見え隠れしてきます。
 考え過ぎなのかもしれませんが、考えさせるというだけで、遊ぶ側としては、楽しいですね。

  

  •  内部のマップ構造について

 フィクションの世界にありがちなネタですが、通路の青と赤は、血管を表していると思います。
 通路全体の看板によると、「一方通行の通路を通って」「真ん中を経由する」という形なので、中心部分は心臓 という意味だと思います。
 機械なのに、人間の血管 = 欠陥 という、高度なシャレかもしれませんが。
 仕組まれていても、おかしくはないですね(;・∀・)

  

 ストーリーは「下の部分から」「真ん中を通って」「上に向かう」為、最終的に「脳みそを目指す」という意味だと思いますが。
 最初に出会う、デカいクラップトラップ。全体の中心部 のようなキャラが居るのは、下の部分だったと思います。
 クラップトラップは、下の空洞部分に物を入れるので、クラップトラップの心臓部(メインCPU ? みたいな? ) は、下にあるのかもしれません。

  

 ストーリーの最後、クラップトラップが被弾した箇所は、真ん中部分だけ……だったような。
 だから、Sir Hammerlock が、直せたのかもしれませんね。

  

  •  2 のクラップトラップ について

 公式発表されているようですが、2 で出会うクラップトラップ = プリシークエル の クラップトラップ です。
 記憶がうろ覚えですが、2 のゲーム最序盤で、クラップトラップは「私、実はとっても強いんですヨ!」等という台詞を、言っていたような気がします。

 プリシークエル で主人公を張っていたんだから、そりゃ強いはずです。プリシークエルなら。

  

  •  クラップトラップ について

 クラップトラップが一番恐れているのは、他者からの孤独 / 自分自身 / 階段 / ジャック(だっけ?) の四種類。
 本編のサブクエスト( ポスター絡み )で判明しますが、クラップトラップ は、自意識やら自我やらを、持つ事が出来ません。
 取得したら、強制的にメモリー( 記憶 )が、破棄されるようです。

 どこまでが自意識 / 自我なのか分かりませんが、ポスター絡みの話を見ると、固く縛られている事は、間違いないと思います。

  

 5H4D0W-TP の「お前は反省しろ、そうすれば成長出来る」という発言ですが、「反省して成長したら、クラップトラップの性格設定から外れる」「自分で変わったのなら、自意識や自我なのでは?」という考え方も、出来ると思います。

 反省 + 成長 を、設定が外れる(自我やら自意識)と考えた場合、クラップトラップ は、反省 ( 成長 ) が出来ません。

  

 成長出来ないから、火事起こしても前向き / 周りからウザがられる 等を考えたら、周囲の評価も、妥当な物。
 しかも本人の中に、デカイタレットの 破壊衝動 なるものが存在しているから、頭xカれてる行動もあり。

 多分ですが、人間で例えるなら「寂しいから構って欲しい」「嫌な事しても反省しないけど」という、アレ的な事に……。

 階段が成長の例え、なのかもしれませんが、意味ないのかな?

  

  •  Subconscious 内部について

 ジャックの発言「俺に開けられない立方体は無い!」
 Subconscious 内部に「 hope ( 希望 ) 」が入っていた。

 二点を考えると、Subconscious は、クラップトラップ の パンドラの箱 だと思います。
 箱 = 立方体 とは限りませんが、希望込みなので、恐らく確定でしょう。

  

 最奥にあるのが、世界を支配出来る H-Source というのは、ロボットの革命 / 支配 やらを示してるんでしょうか。
 そうでもしないと、クラップトラップは解放されないーとか?
 5H4D0W-TP の周りに、Hope がくっついて回ってるので、H-Source は、関係ないのかもしれませんが。

 というか、ただ単に、惑星パンドラと引っ掛けてるのかもしれません。

  

  •  5H4D0W-TP の正体

 フラグトラップがどうたら? らしいですが、いまいち分かりません。
 自意識が芽生えるシステムなら、人間らしい、影の一面を持っていてもおかしくはない。という事なんでしょうか?

  

  •  Felicity 関係のミッションについて

 「あなたはごっこ遊びのつもりだったけど」というのは、Felicity の AI を弄った側に対する、強烈なカウンターだと思います。
 勝手に人格与えられて、恋人ごっこ遊びに付き合わされた、と考えれば、きっつい話というか……。
 ミッションのクラップトラップは、関連ストーリーの、ユニーク敵キャラクターと考えればいい、と思います。

  

 メインストーリー絡みの話になりますが、Felicity 一連の流れは、一昔前の、ゲームやら映画やらの流れです。
 AIを弄って、人格を与えられて…… までは同じ。後はボーダーランズ風に、色々と染まっているだけです。

 変態的な考えですが、コンストラクター(他者を作る)が、女性AIというのも、結構酷い話。
 今作は考えちゃうので、私の考えが、Badass になってるのかもしれませんが。

  


 今回のボーダーランズは、変な方向に、思考が回ってしまいます。
 後で尾を引いて、素直にヒャッハー出来なかったのは、私だけじゃないとおも……ソウデスヨネ?