読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽メモ帳

ゲーム攻略や、その他のメモ置き場です。画像関係は申請があれば、即刻削除致します。

XBOX360版Skyrim、DLCが本編に及ぼす影響

 最終更新日:2015/09/02
 DLCの中核部分は、ギリギリ触れていないと思います。

有りと無しでは別世界

 本編で実装されていた、一部のシステムが強化 + 利便性が向上しています。
 ゲームバランス調整ともいえるレベルなので、有りと無しでは別世界です。
 既存の部分が変更されたので、発売日に買った人間としては、ちょっと不満を感じますね。
 新規追加だけなら納得出来るのですが……。

本編と密接に関わる所

Dawnguard (本編関係)

鍛冶で矢が作成出来る。

  • 鍛冶パークを習得すればm何かのインゴット+薪 で、矢が24本作成出来る。作成すると、ダガー一本分のスキル経験値が得られる。
  • 例:ドワーフの矢を作りたいなら、ドワーフの鍛造術が必要。
    • 話術や装備品に左右されますが、ドワーフかオークの矢辺りから、売却価格が1ゴールドになります。4ゴールドの価値に大変身。
    • パッチによって、作成した装備品の、売却価格が引き下げられたので、下手すれば矢の方が儲かります。
  • 便利すぎるので、入れてない人にとっては、何ともすっきりしない所。

定期的に、吸血鬼が出現する。

  • 町中にも表れるので、定期的に騒がしくなる。刺激があって楽しい。
    • 極稀にユニークNPCが殺害されてしまう。Lv50程度までプレイした所、一人殺害されました。

吸血鬼の仕様が上方修正

  • 炎弱点、氷耐性の数値が変化。最大でも、炎-50%にしかならないので、より扱いやすくなった。
    • 第一段階 …… 25% → 20% / 第二段階 …… 50% → 30% / 第三段階 ……75% → 40% / 第四段階 …… 100% → 50%
  • 第四段階でも、NPCが敵対しない。血液を沸騰させながら、町中で買い物が出来る。
    • あくまでも、本編周りの変更点。なので、DLC入れてない人から見ると、少しの不公平感がある。

ウェアウルフの仕様が上方修正

  • Lvに応じて、防御力の値が追加される。即死しづらくなった。
  • 人をナントカした回数で、スキルポイントを取得出来る。必要な回数は、どんどん増えていく。凶悪なスキルしか存在しないので、巨人もマンモスも、魔法使いも楽勝。完璧に別キャラ状態。
      • 悲しい事に、ハーシーンの指輪装備に関しては、一つも調整されていない。
      • 変身で装備解除 → アイテムリストを開いて、ハーシーンの指輪を再装着 → ウェアウルフ変身を選んで……といった手間が、非常に面倒臭い。
      • スキルポイントを得ても、キャラクターはレベルアップしない。ウェアウルフ一本の場合、敵の変化が全く無い。悲しいところ。

Hearthfire (本編関係)

  • 新規部分を行わなければ、変更点なし。
    • 自宅の栽培器具を使えば、一つの植物を倍々に増やせたりする。あくまでも、新規追加の範囲内。

Dragonborn (本編関係)

  • メインクエスト「声の道」をクリアした後、定期的に、信者に襲われる。
    • DawnGuardの吸血鬼に似ていますが、町中では襲われないと思います。農場等では登場しました。
      • 吸血鬼、信者、ドラゴンと、同時に発生する事があります。ドラゴンと信者が喧嘩したり、吸血鬼と信者が喧嘩したり。凄い楽しい光景。

 DLCとして提供されていますが、Dawnguard はバランス修正ともいえるレベルです。
 入れると世界が激変するので、とりあえず何か入れたいという人は、Dawnguard を強くお勧めします。

ゲームプレイと密接に関わる所

Dawnguard (プレイ関係)

超高性能な弓、クロスボウの追加

  • 弓の威力を高めて、リロード時間を遅くした物。炎・氷・雷の、各種属性矢が使用出来る。弓術パーク対象。
  • 着弾までの速度が早過ぎる上に、チャージ無しで最高威力が出る。鷹の目を取得すれば、従者の後ろから簡単に狙える。
    • チャージが要らないので、クイックショットを取得すると、通常の弓よりも連射出来る。マシンガン状態。おまけに、空中をフラフラ飛んでいるドラゴンに、直接ぶち当てられる程の超速度。
  • 命中時に一定確率で、パーク無しの怯みが発生する。巨大な敵も怯んでくれるので、一方的な展開が可能。
  • サブクエストをこなすと、強化アイテムが販売される。威力増加 + 敵の防御力50%無視。
    • 付呪・鍛冶・薬品も使用出来る。どうみても性能がおかしい。弓矢の時代なのに、使い勝手が完璧に銃火器
    • デイドラ武器と同等、もしくは以上の存在なのに、レベル1から使用出来る。弓術プレイも楽勝だが、吸血鬼ルートだと安定して生産出来ない。

対アンデッド攻撃用の、回復魔法が追加された

  • 退散させずに、ダメージを与える魔法が追加された。ロールプレイの幅が広がる。

吸血鬼の王になれる

  • ウェアウルフみたいなものなので、階級や外見の変化、人間でのスキルツリー追加等では無い。
  • スキルポイントを習得しても、レベルアップは行われない。中心にしてしまうと、敵やら宝箱の変化が無くなってしまう。
  • 別の生物に変身して、魔法に似た攻撃で戦っていく。範囲の敵の、体力を纏めて吸収したり、ガーゴイルを呼び出したり。
    • 死体蘇生、死者+生命探知、召喚等のラインナップなので、魔法使いの側面が強い。生命力吸収は、ブラッドストーンの聖杯で強化される。
    • 何故かセラーナを入れると、生命力吸収が弱くなる。メインクエストが、ちょっと大変。

洋風のお姫様話で遊べる

  • 話の中心は、家庭の問題を抱えた、とあるお姫様。王様の軍勢が、タムリエルに進行する、ような感じ。
    • 王様側についた場合、権力争いに巻き込まれる。上品に行われるので、今までのスカイリムとは、方向性が全く違う。
    • タムリエル側についた場合、お姫様の家族問題が目玉になる。可愛いお姫様と旅したいなら、こっち。
      • お姫様はメインクエストで、従者扱いになる。クエスト終了前に、渡したアイテムを全部回収しないと、次のメインクエストが始まってしまう。
      • 他の従者と交代出来ないので、場合によっては物凄く不便。

ウェアウルフで世の中を蹂躙出来る

  • ハーシーンの指輪の不便さを我慢すれば、本当に世界を圧倒出来る。吸血鬼の王が魔法、ウェアウルフが物理担当。

Hearthfire (プレイ関係)

最高の錬金環境を手に入れられる

  • 栽培器具を使えば、とにかくどんどん材料を増やせる。同時に8個栽培すれば、収穫時に16個も手に入る。
    • 家は複数持てるので、ファストトラベルの手間さえ我慢すれば、一度100個以上もいける、かもしれない。

新しい料理を作れる

  • 中身は本当に残念なので、過度な期待はしない事。私みたいに、がっくりきます。

DragonBorn (プレイ関係)

特徴的なユニークアイテムが多い

ブラッドスカルの剣 (両手剣)
  • パワーアタックで、敵と盾を貫通可能な、赤い衝撃波を打ち出せる。付呪によるチャージ不要。
  • アーマードコアの強化人間、サーベル光波(衝撃波)にそっくり。ソニックブーx! 当てるのは難しくない。ガンガン使っていける。
    • 直接当てた場合、パワーアタックのダメージ + 衝撃波のダメージ = 総合計ダメージ なので、振り回すだけでも強烈な破壊力。
    • やはりというか赤い衝撃波の部分のみ、両手剣のパークは適応されない。後ろに下がって麻痺をばらまく、なんて事は無理。
ブラッドサイズ / ソウルレンダー (片手剣)
  • 同時に装備すると、色々な効果が発生する。
    • 中でも目を引くのが、一定確率で、魔法の防御を解呪出来る所。フレッシュ関係を除去出来るので、非常に強力なエンチャントの一つ。
    • 通常の防御も弱体化させたり、体力やらマジカを吸収したり、お得感が凄い。
デスブランド の各種セット(軽装)
  • 最大で+40%、二刀流の威力を強化する。特化型なら是非とも欲しい。水上歩行もついてくる。
ドラゴンプリーストの仮面
  • 炎 / 氷 / 雷撃魔法の威力を上昇させる、新しい仮面が用意された。一つの仮面 = 一つの属性強化。
ウェアウルフ関係の強化装飾品
  • もう止められない。

特殊な能力が大量に取得出来る

  • 特に便利なのが、従者に対する攻撃、魔法、シャウトを無効化出来る物。
    • 新エリア到着から、歩いて1-2分の所でクエスト受託 → 最後までクエスト進行出来る。
  • 最後の最後で、スキルパークのリセットが可能になる。パークだけで、スキルの値は変化しない。
    • 装備もお金も極まってる人は、パークをリセットして、他のスキルに割り当てられる。スキルの値は変化しないので、気に入らなかったら、再度リセットして振り直せばいい。

新しい魔法・シャウトが追加された

  • 触媒を使ってゴーレムを召喚したり、一日一回限定の物が出来たりと、今までにない仕様の物が多い。
    • 一日一回限定で、自己を大幅に強化する物もある。カジートで使用すれば、他種族のようなクラススキルっぽくなる。

ストーリーの最後で、ストレスがマックスになる

  • ハッピーエンドで締めくくりたいなら、要注意。バッドエンドのフラグが立ちまくっているので、嫌な予感しかない。続編のラスボスでも、やらされるんだろうか……。