読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽メモ帳

ゲーム攻略や、その他のメモ置き場です。画像関係は申請があれば、即刻削除致します。

XBOX360版、happywarsのメモ帳(小技と小ネタ編)

 最終更新日 2015/05/18
 熱が冷める前に、全部放出しておきます。

ステータスの上がるチームスキルは、最後に使用した / された物のみが反映される。

  • 6人で鼓舞を行った後に、3人の鼓舞を使用した場合、上昇する値は、3人分の鼓舞です。効果時間の延長はありません。
  • 祝福の歌も同じなので、効果が高い物を欲しいなら、一回だけ乗っておいた方がいいです。
    • 個別に経験値は入る為、試合開始直後にチームスキルを多めに使用して、Lv差を作るという手もあります。
    • エンジニアの最終兵器が筆頭になりますが、確実に行うのなら、最終兵器+の装備が必須となります。
    • 鼓舞、祝福の歌を終えた後、大抵の味方は進軍を開始します。やるのなら前線に追いつく手段と、確実に最終兵器を使用出来るAPを用意しましょう。
      • 最終兵器のクールタイムは長いので、すぐ倒されると意味が無い行動になります。

現在の状態を、特定の行動でキャンセル出来る

  • 通常攻撃、ガード、エンチャントショットで、判定を残したまま、行動をキャンセルする事が出来ます。
  • しかし、一部を除く各種行動には、独自のクールタイムが設けられています。
    • 例として。通常攻撃ボタンを押した後、即座にガードをした場合、武器の振った位置分だけ、攻撃判定が発生しています。
    • 同時にクールタイムが発生します。キャンセル後、すぐにもう一度通常攻撃ボタンを押しても、通常攻撃は行われません。
      • ダッシュ突きの場合、移動カーソルを倒しているので、ちょっと移動する形で終わります。
      • 通常攻撃から、スーパーエンチャントアタック。もしくは、スキルからの連携っぽくなります。
      • ランクの高い人でも、使っていなかったりするので、知名度が低いんでしょうか?

攻撃モーションをガードでキャンセル

  • 上記の攻撃モーションキャンセルを利用すれば、より細かな対応が可能となります。
  • 敵一人に対して、真正面から味方二人以上で叩いている場合、あえて自分の攻撃モーションをキャンセルすれば、敵の背後を簡単に取る事も出来ます。
    • 独自のクールタイムも、大体の場合、背後を取った瞬間に終了します。
キャンセルからの連携
  • 私は近接戦が本当に苦手なので、偶然から出た情報として捉えて下さい。
  • 見えないような状態でも、振った分の位置だけ、攻撃判定はしっかりと残っています。
  • 敵と真正面から激突。進行方向は ↓↑ や →← の状態で、すれ違う直前に、通常攻撃を振っておく。
    • 上の状態の時に、ガードで攻撃モーションをキャンセルすれば、目の前に攻撃判定を置いたまま、ガードをしているとみなされます。
    • 判定に勝利していれば、敵にダメージが通ります。つまり、攻撃判定を置いたまま、初回の攻撃を命中させる事が出来ます。通常攻撃の先端を当てるイメージ。
    • Botでのみ確認していますが命中に成功した場合、戦士 / 僧侶系統での、スーパーエンチャント攻撃による追撃が、ほぼ確定で命中します。
      • 通常攻撃ボタン → キャンセルの為のガードボタン → ガードボタン押しっぱなしで、ヒット確認後、即通常攻撃ボタン で、スーパーエンチャント攻撃が発動します。
      • 通常攻撃から、スーパーエンチャントアタックへの連携が可能なので、通常攻撃の判定が残っているのかもしれません。
      • 勿論ですが、ふっとばし効果が発動すると、位置がずれて連携出来ません。
      • 当たり前の話ですが、対人戦の場合、タイミングは相当にシビアです。素直にダッシュ突きとかした方が、よっぽどマシだと思います。
上記の応用
  • 攻撃判定が残っているので、竜巻斬りの初期段階、ダブル竜巻斬りの射程外から、通常攻撃を与える事も可能です。
    • 進行方向 ↓↑ の状態で、敵側が竜巻斬りしながら来ている場合です。
      • 対人戦で出来るとは思えません。

攻撃モーションをスキルでキャンセル

  • 各種スキルには、独自のクールタイムは適応されません。
  • 通常攻撃ボタン → 振った直後にスキル入力 → 通常攻撃がヒットしたのなら、怯みモーション中の相手に、スキルが命中します。
    • Bot達が最速で行っている、通常攻撃からのふっとばし等のやり方です。

攻撃モーションを、エンチャントショットでキャンセル

  • 魔法使いの攻撃モーションは、攻撃判定と状態異常の判定を残したまま、エンチャントショットの入力でキャンセル出来ます。
  • 通常攻撃を行うと、独自のクールタイムが消滅します。一部の物はあり得ない連打速度で、各種エンチャントショットが飛んでいきます。
  • また、一部のエンチャントショットは、キャンセル中にスーパーエンチャントショットを入れる事が可能です。
  • 非常に凶悪なのが、ウィンドショット。ウィンドショット命中 → 通常攻撃でキャンセルして、ウィンドショット……で、大部分の相手が動けません。
    • 対人でも適応出来ますが、やはりラグには少し弱いですね。とはいえ、差し引いても異常な性能です。
  • エンチャントアイスの場合、エンチャントショット → 凍結確認後の通常攻撃 → エンチャントショット……で、延々と相手を凍結させる事も出来ます。
    • 通常攻撃を加える度に、相手の凍結状態は解除されてしまいます。最速のタイミングで、いかに連打出来るのかが勝負となります。
    • エンチャントアイスは範囲系なので、ラグのある対人戦でも、非常に狙いやすい技の一つです。相手の運が悪い時は、冗談抜きで何も出来ません。
      • 各種キャンセルの使用には、必ずエンチャントショットを利用するので、APが必要となります。また、魔法使いは脆いので、一回の失敗で倒されてしまう事も多いです。
      • 個人的な感想ですが、追撃時と反撃の最終手段だと思います。
      • ファイアーエンチャントとサンダーエンチャントは、特に記載する効果はありません。
      • とはいえ、通常攻撃の間に挟み込む事が出来ます。少ないAPで攻撃回数が増えるので、覚えておいて損はないと思います。

建築をキャンセル

  • 建築にクールタイムは存在していないので、自分の好きな時に、建築を中断する事が出来ます。
  • また、建築のゲージが見えていなくても、見えない部分で、建築の度合いは進んでいきます。
    • 建築キャンセルをタワー攻防戦の時に使えば、敵の攻撃を回避しながら、敵のタワーを灰色に戻したりも出来ます。
    • 一番輝くのは、建築スピードアップ所持の僧侶キャラ。
      • 建築関係が強化された、と思われるので、更に輝く予感がします。一回の成功で、灰色タワーになるのは素晴らしい。
      • 特別ルールの Domination で、効果抜群。
  • 建築完成のタイミングは、音が出る少し前に発生しています。適切なタイミングで行えば、素早く動く事が可能です。

落下モーションのキャンセル

  • 落下する時の、よろけるような動作を省略して、素早く下に降りる事が出来ます。
  • 移動しながら行える、通常攻撃がとても便利。
    • 相手側から押し出されている場合、ガードしたら自動的に省略されて、倒されてしまった。という事もあります。
      • どうしようもないので、諦めましょう。

僧侶のスキル「おはらい」は、自分の状態異常も解除出来る。

  • 鈍足で放置させられた時等に。
    • 意識していると分かりますが、意外と使用する機会は多いです。

馬に乗ると、辺りによろけを発生させる、見えない衝撃波が出る。

  • 馬に乗る、降りる、一瞬間を置く、乗る……という工程をループさせると、相手が全く近寄れなくなります。
  • ボタン連打の場合、僅かに隙が生まれてしまいます。
    • ステージ「Ketchup Avenue」の、細い道や中央付近で活用出来ます。
    • 知っている人は対策してきますが、結構引っかかってくれます。

鳥キャノンは、確定で倒される訳ではない

  • 程々の防具とふっとばし耐性があれば、鳥キャノンの一撃を耐える事が出来ます。
  • 聖なるよろいは防具の質次第。もしかしたら、盾でダメージを軽減出来るかもしれません。
    • 逆の考えで。自分で扱う場合、チャージ弾を2発以上にしないと、耐えられてしまう事がある。

サドンデスの勝利条件

  • 最初にタワーを建築した方が勝ちではなくて、タワーの総合数が多くなった方の勝ちです。
    • 合計のタワー数が三つ。内、敵が一つ、味方が一つだとしたら、敵のタワーを灰色にすれば勝利です。新たにタワーを建築する必要はありません。
    • 敵1、味方1、灰色1なら、味方1、灰色2で勝利。
      • あまり経験が無いですが、多分これであってるはず……。

僧侶のスキル「ウォール」は、完全に遮蔽物の扱い

  • 相手を指定するスキルの場合、ウォールに阻まれて届かない、といった事も起こります。
    • 上手く活用する方法が、ありそうな、ないような……。

ウェイト差の性能を比較した時

  • 具体的な数値だと、武器ウェイト12、マンモスインパクトLv7 = 武器ウェイト11、巨匠ムンクの筆Lv9。
    • 二つとも進化後なので、条件としてはほぼ一致しているはず。

役に立たない小ネタ

僧侶のスキル「ウォール」は、タワーの上にも設置出来る
  • 灰色タワーで確認しました。完成させると崩れます。
ステージ「Rainbow」の橋にある銅像
  • 天使の輪っかが付いている、生物のような物です。
ストーリークエストの会話ウインドウが開いた時に、突撃を使用していると
  • 恐らくですが、通常では聞こえない部分の声が聞こえてきます。
  • とりゃー!おりゃー!(略)うぉぉおりゃぁああーーー! で終わり。
  • 聞くのなら、最初のストーリークエストがオススメです。
    • 他はどういった事言うんでしょうか……。
ストーリークエスト「絶対阻止!愛の逃避行!」にて
  • 本物のお姫様が、敵軍扱いになっています。ダメージを与えられるので、敵の扱い何でしょうか。
    • 敵軍に配置されているので、負けると通常Botと同じように、暴言を浴びせてきます。
    • タイムアップ狙いがお勧めです。
      • だまれ!xね! に、大人の事情含めてビビったのは、私だけじゃないと思います。